モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

レッスン 9/14 

グレード試験は、演奏と指導の両方を取った方がよいという先生の意見もあり、来月から、ダブルレッスン(30分レッスン×2)で、指導グレードの対策もしていただくことになった。
楽典は自分だけで、勉強しなくてはいけないと思っていたので、少し明るい気分になった。今まで、黄色の楽典の本を読んで、自習しようと試みたけれど、挫折しているので。

今日のピアノのレッスンは、テクニック、ツェルニー、バッハ、シューベルト。
テクニックとツェルニーは、次に進むことが出来た。インベンション5番は、フレーズの区切りで不正確なところがあった。ノン・レガートで弾くところをぼつぼつ切らないで、もっとメロディーを意識すること。
シューベルトソナタ13番の3楽章は、ペダルも付けて弾いた。一応、形になりかけたところで、置いておくことになった。完成させるには、まだまだ練習が必要。

この次の曲は、知人に弾いて欲しいと言われ、取り急ぎ練習はしたけれど、自信が持てないモーツァルトのトルコ行進曲を見ていただけることになった。
スポンサーサイト

2012/09/14 Fri. 18:38 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

レッスン 8/24 

初見を、以前自習した曲集から、4,5題見ていただく。
20秒の予見時間で、弾きにくそうなところに視線を合わせること、弾いているときは、常に先を見ること等、注意される。
読み難い音符を、じっと見つめてしまう癖は、直さなければ。一番大切なことは、細かいことより、曲の流れを断ち切らないこと。

バッハインベンション5番は、主題の中の32分音符二つ+付点8分音符の弾き方が、間違っていた。装飾音符のような弾き方になっていた。
ツェルニー30番の5番は、ゆっくりバージョンは弾けるようになったので、今度は4分音符=50に速度を上げて弾く。
シューベルトソナタ13番3楽章。今度はペダルを付けて弾くこと。

2012/08/24 Fri. 21:40 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

レッスン 8/10 

初見を”こどものグルリット”より、2題見ていただく。
一度、弾いたとはいえ、覚えてないので、初見と変わらないけれど、指遣いなどは、3回目になると、上手くできてしまうような気はした。
先生は、カメラでパチリと撮るようにということをを強調される。トンプソンに書かれていた、パターンを見分けるということは、少し違うようだ。
楽譜が混み合っているところ、弾きにくそうなところ、臨時記号などを見ておく。
今日のは、まずまずの出来。

テクニックの後、シューベルトのソナタ13番の3楽章。まだ、音がつかみ切れていないので、徹底的に部分練習をすること。
ツェルニー30番の5番は、右手、左手とも、手首を上げる箇所を教えていただく。
手首の上げ下げをすると、練習曲でも、カチカチに聞こえなくなるような気がする。

初見練習用に、”こどものストリーボッグ”を、買い求める。

2012/08/10 Fri. 19:44 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

レッスン 7/27 

まずは、グレード試験の残念な結果の報告から。
腐らずに、また試験を受けて下さい。と言われ、練習方法と良さそうな曲集を紹介していただいた。

落ち着いて考えてみると、0点だったわけでもない。20点の配点で、1回目が13.5点、2回目が13点、3回目が13点。
あと、2点取れれば。合格の75パーセントに達する。
モチベーションを保って、練習を続けようと思う。

テクニック→ツェルニー→インベンション→シューベルトソナタの順に見ていただいた。

ツェルニーは、8番が上がり、9番に。今までのやり直しでは、それほど速い速度では、弾かなかったので、今回は、新しい領域に踏み込んだような気がする。

シューベルトのソナタは、弾きにくいところを、付点の変奏練習をして、慣れることが必要。

2012/07/27 Fri. 20:22 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

レッスン 7/14 

公開レッスン4回目。幻想即興曲は、慣れてきたため、速度が上がってきて、左手、右手とも、雑になってきたようだ。
悪い癖なので、先生に見て頂く前に、自分で気づいて直したいものだと思う。

弾けるようになってきたときこそ、片手練習、ゆっくり練習を大切にしなければ。

来週の発表会で使うピアノを少し弾かせてもらった。皆さん、割合鍵盤が重いと言われていたけれど、私も以前別のところで弾いた同じS社のピアノに比べたら、重く感じた。

残りの日々、通し練習とともに、部分練習を怠らないようにしよう。

2012/07/14 Sat. 20:43 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 
2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。