モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

持久力 

”ドゥセックのソナチネ”の展開部は,たかだか1ページだけれど,緊張をゆるめるのは最後だけで,ほとんど強い音でしかもうるさくならないように,弾き通さなければならない。

途中で,緊張の糸がプツンと切れてしまうと,ダメなので,何回も何回も繰り返し弾く練習をしているが,4回目くらいになると左手の肘下あたりがだるくなる。脱力して弾いているつもりだけれど,まだ無理な力がかかっているのだろう。

ところで,テクニックのスケールとアルペジオが4廻り目になり,付点2種類のほか,今までより速く弾く課題になった。120の速度で,4オクターブを連続して3回弾いているけれど,スケールは,最後の方では,左手が疲れてくる。

持久力を高めるとともに,無駄な力を入れた弾き方をしないように気をつけなければと思っている。
スポンサーサイト

2009/06/29 Mon. 09:15 [edit]

category: ピアノ

cm 2  tb 0 

ホテイアオイの花 

ホテイアオイの花が咲きました。

沢山買いすぎたので,何カ所かに分けたのですが,一番日当たりの良いところのものに,花芽がつきました。

初めて見る花ですが,我ながら,きれいだと思います。

ホテイアオイの花

2009/06/26 Fri. 08:20 [edit]

category: 撮る

cm 0  tb 0 

猫対策 

ネコヨラズを大きくして見せて下さいというコメントがありましたので,今朝撮った写真をのせます。

私には,強烈な臭いは感じられないのですが,ネコには何かあるのか,近寄らなくなりました。

黄色い花が咲くようなので,楽しみです。

ネコよけ1

CIMG4501_convert_20090623084116.jpg

2009/06/23 Tue. 08:45 [edit]

category: ネコ

cm 2  tb 0 

夏野菜の成長 

種を蒔いたゴーヤは発芽しなかったので,結局苗を購入。黄色い花が咲きました。この後順調にいけば実になる予定。

発芽したけれど,ぎっしり状態だった,しそやレタスも移植。アサガオもゴーヤのそばに移植。トマトとバジルの苗も昨日購入し,植えました。夕べは,ひどい雨かぜだったけれど,しっかり根付くと良いなあと思います。

それから,ネコヨラズというミカン科のハーブも植えました。ネコには気の毒だけれど,畑を荒らされるのも困るので。。。

夏至

2009/06/22 Mon. 12:17 [edit]

category: 育てる

cm 4  tb 0 

レッスン 6/19 

・即興 
C-dur 4拍子の例題はひとつ完成した。次は,3拍子。試験では,ミスタッチごとに減点されていくので,問題集を1冊やったぐらいの時点で受けた方がよいとのこと。そろそろ即興の問題集(といっても今やっているもの)を練習する時間も増やそうかと思う。

・バッハのマーチ
一音,音間違い。先回は正しかったのに。。。2回弾かせて下さったけれど,2回目も間違ったので,もう一度。

・ドゥセックのソナチネ
展開部の盛り上がり方に工夫が足りない。弱拍で入るところ,16分音符を8分音符に間違えたことなど。

ピアノは,細かい注意が必要だと痛感した。あせりも禁物!!

2009/06/19 Fri. 19:15 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

大根干し 

昨日,食べきれなかった大根を切って干しました。7時間ぐらい天日で干したら,かなり水分が抜けて,美味しい切り干しになりました。油揚げと,とうがらしを入れて,煮物にしました。

*干す前
大根干しBIFOR


*干した後
大根干しAFTER

2009/06/18 Thu. 08:21 [edit]

category: 撮る

cm 2  tb 0 

挿し木 

”隅田の花火”や,ご近所からいただいた茶花(名前が不明。というか,”リョウブ”といわれたけれどその花ではないよう)の茎を挿し木しました。

アイスクリームの空きパックの底に穴を開け,鹿沼土を詰め,北側の樹木の下に置きました。
今まで,挿し木はうまくいったことがないので、今回は水やりをきちんとして,何とか発根させたいです。

CIMG4467.jpg

2009/06/17 Wed. 07:46 [edit]

category: 育てる

cm 2  tb 0 

よく歌いよく聴く。 

装飾音の入れ方で,地の音(飾られる方の音)を声に出しながら弾いてご覧なさい。と言われたことが,他の部分の練習にも役立っている。

楽譜に記入されている強弱記号や速度記号のなかで,特にアクセント,クレシェンド,デクレッシェンド,リタルダンドなどは,(練習の時は)声を出しながら弾いて,音の出し方を確かめると,自然な音の流れになり,楽譜に書いてあるとおり弾きました。という感じが少なくなる。

カンタービレ(歌うように)という弾き方は,このようなところから達成されるのだろう。という当たり前のことに気づいた。

2009/06/15 Mon. 11:37 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

白い花 

隅田の花火
隅田の花火

くちなし
キンギョソウ

キンギョソウ
くちなし

2009/06/13 Sat. 10:21 [edit]

category: 撮る

cm 2  tb 0 

レッスン 6/12 

クレメンティーのソナチネは,上がる。

ドゥセックのソナチネは,装飾音の音の入れ方の指導を受ける。(地の音より目立ってはいけないことと,音のバランスに気をつけること。)

バッハのマーチは,3の指のスタッカートが,指を真上から降ろしていることにより,こつんとした音になることがわかった。指先でひっかくような弾き方をすること。

めがねのお陰もあってか,譜読みの間違いが格段に減ったことは,良かった。弾き方も,以前とは大分変わってきたようで,昔の録音をとっておけば比較できて良かったですね。と言われた。また弾きながら音を聴けるようになったことは,大分進歩したかな。と自分でも思う。

レッスンのあと,クライバーンコンクールの優勝者の話になり,人を幸せな気持ちにさせる音楽は,良いですね。と先生がしみじみとおっしゃった。全盲というハンディーを受け入れ,耳からの情報だけで伸びやかな音楽を創造することができる人は,やはり天才の領域の人なんだろう。

2009/06/12 Fri. 18:16 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

エンドレス 

今週は,ソナチネもバッハも通し練習をメインにしている。

ただし,ひっかかったところ,かすれたところ,リズムが崩れやすいところ,指がまわりにくいところ,強弱のつけかたがむずかしいところ等は,流れの中で何度も部分練習をしている。
ひと通り終わったら,次の曲に移り,時間がある限りまた最初の曲に戻って弾く。

まだ,「これでよし。」という状態ではなく,エンドレスな気持ちで練習している。
レッスンで見ていただくことで,一区切りがつくのだろう。

2009/06/11 Thu. 08:52 [edit]

category: ピアノ

cm 2  tb 0 

ひきぶり 

昨晩のN響アワーで,ピアニストであり指揮者であり作曲家でもある,フィンランドのオッリ・ムストネン氏のひきぶりが放映された。

ベートーベンのヴァイオリン協奏曲をベートーベン自身がピアノ用に編曲したというピアノ協奏曲2番。ピアノパートが始まるまでは,立って指揮をして,始まると弾きながら,主に,左手でオーケストラーの団員に合図を送っていたように見受けられた。
自分のピアノを弾く集中力と,オーケストラーをまとめる気配りとか,沢山のことが同時に要求されるだろう。
冒頭のインタビューで,自分は「音楽家」と呼ばれることを好む。という趣旨のことを言っておられたけれど,これだけどの分野でも秀でている人は滅多にいないらしい。

ピアノを弾くだけで,四苦八苦している私には,神業に思えた。

2009/06/08 Mon. 07:24 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

めがね 

ソナチネの譜読み。以前に比べて,時間もかかるし音符も見づらい。さては,ぼけてきたかな。と,ちょっと心配になってきた。

目を細めてみたり・・・したところで,そうだ。と気付いた。
老眼が進んで,今までは見えていたはずの音符が,見にくくなったのだ。
さっそく,しまってあった老眼鏡を取り出しかけてみると,驚くほど楽譜がクリアーに見える。

初見の時に,めがねが必要になったということを,自分に納得させなくては。。。

2009/06/05 Fri. 09:35 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

楽典入門 

ソナチネもバッハも,より深く曲を理解するためには,楽典を勉強した方がよいのではと思い,今まで何度か挑戦しては挫折して,ほこりをかぶっていた黄色い楽典の本(*)を取り出してみた。落ち着いて読めば解るけれど,あまりにも理路整然と書かれていて,途中の経過が解らない。丸覚えしてしまえばいいのかもしれないが,それもどうかな。とまた,つまずいていた。

先日,レッスンのあと,書籍売り場でもう少しわかりやすい本はないかと色々探してみた。以前(多分7~8年まえ)より,種類も豊富で,やさしく解説した本もあった。

とりあえず,音程や調の関係を頭に入れたいので,そのあたりの解説がわかりやすい本(**)を買ってみた。音程のことも,3度の音程から入り,音の明暗によって,長三度と短三度がある。と解説されている。黒鍵と白鍵の数だけで判断するのではなく,この明るいサウンド,暗いサウンドという感覚と繋がる解説の仕方は面白いと思った。この本を手がかりにして,問題も解きながら,整理していきたい。
覚えるのに時間がかかり,忘れるのはあっという間の私は,繰り返し学習するしかないだろう。
(*)
楽典―理論と実習楽典―理論と実習
(1998/12/10)
石桁 真礼生末吉 保雄

商品詳細を見る


(**)
逆引きハンドブック 読んでナットク! やさしい楽典入門 楽譜が読める!音楽がわかる!逆引きハンドブック 読んでナットク! やさしい楽典入門 楽譜が読める!音楽がわかる!
(2009/02/05)
大嶋 大輔

商品詳細を見る

2009/06/02 Tue. 15:12 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 
2009-06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。