モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

レッスン 11/27 

ノクターンは,感じはつかめているけれど・・・ということで,細かい注意をいくつかしていただいた。

・冒頭の4小節に出てくる,8分音符の長さに気をつけること。
・トリルは,次に移るぎりぎりまで,隙間なく入れること。
・左手8分音符の伴奏は,右手の音の数が増えても,くずれないようにすること。

バッハのプレリュードは,ひと通り弾いた後,ほとんど良いのですが。。。と言われ,今言うべきか言わざるべきかと,先生がしばし熟考され,結局言われたことは,

・鍵盤近くに指を用意しておいて,弾くこと。

今の弾き方では,音をしっかり出すことに気をとられて,カツンカツンした音になっている。
直すのには,とても時間がかかるでしょうが,是非やってご覧なさい。ということで,
練習方法も伺う。

結局,鍵盤から離れた位置から,指をおろす癖がまだ抜けていないということ。
エッシェンバッハのCDを聞いて,曲の感じが違うので,どうしてかな。とは思っていたけれど,弾き方の問題だとは,頭が回らなかった。
今日のレッスンのなかでは,肩を上げてしまう癖は一度も出なかったようで(先生の観察),意識すれば直るものは直っていくのだと思いたい。

楽器の10年はそれほど長くはありませんよ。というのが先生のご意見だけれど,やり直しとはいえ,よりより方法に移行するのには時間がかかるものだとつくづく感じる。

この曲を仕上げていくことで,新しい弾き方が身に付くと良いと思う。

スポンサーサイト

2009/11/27 Fri. 18:56 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

レッスンお休み 

レッスンが,先生のご都合で来週になった。

2週間ぶりに,都会の空気が吸えると思ったので,ちょっと残念だけれど,久しぶりのお天気で,布団干しなどもできた。

ほおったままだった即興も,久しぶりに弾いてみた。
忘れていることが多くて,これは大変!!
幸いに,レッスンで弾いた例題は,完全に身に付くまで,何度も何度もやり直しているので,すぐ思い出せるけれども,新しい問題に応用する力がまだ足りない。
毎日,少しずつでも,弾くようにしよう。

ノクターンは,順調に練習できている。まだ,その日の1回目では,暗譜で弾くと間違えるところがある。確実なトリルと,左手の音間違いを無くすことなどが課題。
とても気分良く弾ける曲だけれど,気分に流されないで,自分の中でしっかり手綱を引っ張っておく必要があると思う。

バッハのプレリュードは,割合得意なタイプの曲でスムーズにまとまった。スラスラ弾けても,どこかに落とし穴がありそうなので,部分ごとの練習もしていこうと思う。

2009/11/20 Fri. 12:55 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

もう水仙が!! 

雨上がりの朝,ふと足元を見ると,水仙が咲いていました。
久しぶりに,デジカメを持ってあちこちをパチパチ。
水仙

千両も色づいてきて,今年は生け花に使えそう。
千両

野菜セットのおまけで干し柿作り。うまくできるかな?
干し柿

ナルコユリの鉢に,なぜかナンキンハゼの種が紛れ込んだようで・・・
ナンキンハゼ

晴耕雨奏の暮らしにあこがれているものの,思いつきで苗を植えたり,行き当たりばったり。まあいいかと思ったり,もっと計画を立ててと思ったり。

ナンキンハゼは盆栽仕立てにしてみたいです。

2009/11/12 Thu. 09:08 [edit]

category: 撮る

cm 4  tb 0 

レッスン 11/6 

自分で選んだ曲の練習は,すごく楽しくて,あっという間の2週間だった。

レッスンは好きな曲から初めて良いので,今日は,ノクターン20番から弾いた。
つっかえるところもあったけれど,無事弾き終わり,とても自分が解放された感じがした。
そして,”歌”が伝わって来ました。と言われ,何かが届いたことが,うれしかった。

消音ペダルを使うこととか,連符の入れ方などを習った。今まで練習してきたことが,いろいろ役立っているようで,なにより。

バッハマーチはやっと仕上がった。
この曲は時間はかかったけれど,音を良く聴けるようになったし,左手が以前より自由に使えるようになった気がする。
次は,プレリュードハ短調。

レッスンの終わりに,1月の発表会にお出になりませんか。と言われ,びっくり!!
私でも良いのですか。と伺ったら,このノクターンは,とても良さそうだから,是非どうぞ。ということで,参加させていただくことにした。

先生の門下生の発表会は2年に一度。
大人の生徒さんはいろいろな曲を弾かれるそうで,他の方の演奏を聴けるのもすごく楽しみだ。

練習にも一層張り合いが出る。

2009/11/06 Fri. 19:25 [edit]

category: ピアノ

cm 2  tb 0 

鍵盤を見て弾くこと 

今更ながらのことだけれど,鍵盤を見て弾くことは,すごくメリットがあることに気づいた。

まず,タッチが悪くて音が良くないときに,気づけること。
次は,暗譜している曲で,途中で行方不明になったとき,戻りやすいこと。
もう一つは,今練習しているショパンのノクターン20番には,左手8分音符4個に,右手35連符を入れるところがあるけれど,左手のどの音の時に,右手のどの音を合わせるかは,鍵盤を見ていた方が入れやすい。

今まで,暗譜した曲は,ほとんど目をつむって弾いていた。自己陶酔しているつもりはないけれど,目を閉じた方が音が良く聴けるような気がしていた。

バッハのやり直しをするうちに,目を開けていても音が聴けるようになったみたいだ。
指の体操から,少しは進化しているようで,うれしい。

2009/11/04 Wed. 15:56 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 
2009-11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。