FC2ブログ

モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

いろいろな演奏 

バッハのプレリュードは,指を鍵盤近くにおいて,自然に指を降ろして音が出るように,2小節ずつ弾くという練習を繰り返しているけれど,ちょっと集中力がとぎれると,音を聴かない散漫な練習になってしまう。

エッシェンバッハのCDと聴きくらべると(大胆にも!!),大分なめらかになってきたものの,裾の軽いドレスを引きずっているような感じがする。エッシェンバッハの演奏は,重厚なタフタかなにかの生地でできたドレスを床すれすれに優雅にひるがえして,前に進んでいく感じがする。

まだまだ練習が必要。
これは,大分時間がかかりそうだ。

ノクターンは,ピリス,小山さん,アシュケアナージ,バレンボイム,アラウなどを聴いているけれど,当たり前のことながら,それぞれの個性が出ていて,同じものはない。
ただ,左手の8分音符は,右手を歌わせるための伴奏で,テンポがぶれていないのは,共通している。

自分の音に耳を澄ませることができるようになってきたのは,進歩だと思う。
あとは,自分でこのように弾きたいと思うことが,大幅に規範からはずれないように練習していくことも必要だろう。
スポンサーサイト

2009/12/02 Wed. 09:19 [edit]

category: ピアノ

cm 2  tb 0 
2009-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。