モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

思い違い 

私は,大人になってピアノを再開して,ず~と,自分にはテクニックはあるけれど,歌心がないからダメなんだ。と考えてきました。
子供の時から,ツェルニー系の練習曲が大好きで,特につまずかないで順調に進んできたことがそういう思いを強くしたのでしょうか。

しかし,先日のレッスンで,先生から反対のことを指摘されて,びっくりするやら,ショックやら。
昨年の1月31日は,発表会でしたが,あそこで弾いたノクターンは,とてもよく歌えていたそうです。
それに引き替え,
今回ソナタを次々練習していって(シューベルト,モーツァルト),試験曲に出来なかった原因は,テクニックが足りないことと,自分の耳が,これで良し。と思う基準が甘いことです。
部分練習であっという間に,1時間経ってしまいますよ。という先生の言葉に,ぎょっとしました。そんなにしたことが無いから。。。

弾けば弾くほど,力みが入って来てしまうのは,諸々のテクニックがたりないためなんだと思います。

とんだ思い違いをしていたものです。これからは,もっと自分のテクニックを磨く意識を持って練習し,部分練習の時間も増やしていこうと思います。


スポンサーサイト

2011/01/31 Mon. 09:32 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

レッスン 1/28 

*モーツァルト ソナタ K.309

2回弾いたけれど,先回より良くない。私としては,いつもより丁寧に部分練習もしたし,少し良くなった気がしていた。
先生は,とても慎重に,言葉を選びながら,この曲で試験を受けるのは無理。と言われた。私がいくら丁寧に練習しても,ソナチネレベルで,身に付いているべき基本が,抜けていて,良いところ悪いところがころころ変わり,落ち着いて聞けない。多分,他の試験官も同じように思われるとのこと。

5級の試験を受けること自体が無理なのでは,と伺ってみたら,この曲ははずした方が良い。ということで,
モーツァルト幻想曲ニ短調か,ドビッシーのなにか。にすることにしました。
幻想曲は,この間,シューベルトのソナタをやめることにしたとき,この曲をあげたら,先生は,もっと上手な人がパラパラ弾く曲です。とおっしゃったので,私の中では,完全にお蔵入りになってしまった曲です。
グレード試験は,ソナタをはずして受けて,終わったらソナチネからやり直そうかと思います。

*バッハ インベンション4番
弾き始めとても萎縮して前屈みになってしまったけれど,注意を受けてから,体制を立て直すことができた。
2カ所,直すべきところが見つかる。なかなか完璧にはならない。

*即興
伴奏付け,第1,2変奏,モチーフ変奏も,特に問題はなし。

帰宅後,ドビッシーで弾いた曲を調べたら,アラベスク1番,2番でした。手持ちの,サンソン・フランソワのCDを聴いて,思い出したので,何とか弾けるはず。
しばらく弾いていなかった幻想曲も,どれほど劣化しているか分からないけれど,最後の1曲を決めなくては。

2011/01/28 Fri. 18:53 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

練習量 

先日,義母に家に来てもらって,お昼,おでんを食べました。
里芋が食べたいというので,張り切ってセレベスなども入れました。
昨年の暮れに篠山で買ったむかごも,少し残っていたので,むかごご飯も作りました。懐かしかったようで,喜んでもらえました。

そして,帰りがけに,クラビノーバーを聞いてもらうことに。。。
暮れに聞いてもらってから,新しい曲を練習したわけでもないし,ちょっと躊躇したのですが,せっかくの機会だからと,弾きました。

たとえ身内でも,いつものヘッドホンをはずして,弾くと緊張するものですね。

モーツァルトのソナタとショパンのノクターンを弾きました。どちらも,自分としては,失敗!!
左手でつかえることが多いことが分かりました。特に,左手4の指で黒鍵を押さえるところが鬼門みたいです。
そして,人前で弾くには,圧倒的に練習量が少ないと思いました。

しばらく,練習時間を増やします。

2011/01/24 Mon. 08:07 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

猫の近況 

年末から,糖化アルブミンの数値があまりよくなくて,気を付けて注射をしてきました。(丁寧に注射をする夫に頼んだりしました。)そのかいあってか,先日の検査では,一応、インシュリンで血糖値をコントロールできているという範囲内の数値になりました。次の検査は、3ヶ月後ぐらい、今のインシュリンの単位数をキープすれば良いとの事で、ホッとしました。

具合の悪いときには,爪研ぎもしませんでしたが,この頃は復活しました。多少ゴミはでても,やはり猫は猫らしいのがいいです。この間など、玄関を開けた隙に脱走し、家の回りをひと回りして、御用になりましたが、具合の悪かった子が元気になるのは、本当にうれしいものです。

外にでたものの寒いので,いつもの丸太に乗って、香箱座りしています。

   猫元気


2011/01/17 Mon. 16:35 [edit]

category: ネコ

cm 4  tb 0 

「昔日の客」を読んで 

長野県出身で,東京馬込に古本屋を営んだ店主の,本屋に訪れるお客や,交流のあった作家のことなどがつづられています。昭和53年出版されたあと,沢山の人の要望で,昨年復刊されました。

電子書籍が,話題になっても,この本を読むと,紙の手触り,ページをめくるときの気持ちの高鳴りなど,紙でなければ味わえないものがあることが再認識されます。

”古本屋というのは,確かに古本という物の売買を生業としているんですが,私は常々こう思っているんです。古本屋という職業は,一冊の本に込められた作家,詩人の魂を扱う仕事なんだって。ですから私が敬愛する作家の本達は,たとえ何年も売れなかろうが,棚にいつまでも置いておきたいと思うんですよ。”
という店主の言葉が,あとがきにご子息によって紹介されています。
平成のB××K O××などとは,一線を画す古本屋さんです。

この随筆には,本を愛する人の思慕の念が,あちこちに込められているので,ページをめくるのが惜しいような,早く次を読みたいような本でした。


昔日の客昔日の客
(2010/10)
関口 良雄

商品詳細を見る

2011/01/15 Sat. 19:05 [edit]

category: 読む

cm 0  tb 0 

レッスン 1/14 

*テクニック

何ヶ月ぶりかで,見ていただく。昨年末に,いきなりスケールを弾いたらつまずいたのがショックで,それからはまじめに練習したので,今回は問題がなかった。すべての基本になると感じるので,毎日テクニックの練習だけは欠かさないようにしよう。

*即興

伴奏付け,第1変奏,第2変奏の2題,,転回形にした方が良いところが何カ所かあり。。
モチーフ変奏のやり直し,これも転回形が使えていなかった。3級の問題10題の中からの先生の出題,2題は,問題なかった。

*モーツァルト ソナタ

冒頭から,左手の和音の音が弱いこと,次のフレーズで,4分音符の続くところも,2拍目は心持ち短めにすることなど,細かく直された。いくつか,先回,注意されたところで,うまくいったところもあったけれど,暗譜で通す練習を主にしていたので,おおざっぱな練習が多くなってしまった。
もう少し,部分練習を落ち着いてしよう。


グレード試験の試験官は,決め所がきっちり決まっているかを,注目するとのこと。このことは,聞いている人に,もっと聞きたい!!と思わせるような演奏に繋がるはず。
決め所をきっちり決められるように,地道な練習を続けていこうと思う。

2011/01/14 Fri. 19:50 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

共感疲労 

「より良い関係づくりのエッセンス」という講演会を聞いてきました。
講師は,以前お世話になったことがある精神保健福祉士の方で,懐かしかったです。

人間関係が苦しく感じられるときは,”休め”のサインを出していると考えた方が良いこと。
情動や感情は,血圧計や体重計などのように,計る器械がないので,自分がどのレベルになっているか,注意することが大切。
また,”共感疲労”という言葉も初めて聞きましたが,病人の介護をしている人や,医師,看護士,介護士など援助職の人が,感情的に燃え尽きてしまうことを言うそうです。

私は,自宅で介護しているわけではありませんが,この1年,義父母のことで,大分,感情的な疲れを感じるので,ホッとできることを探して,実行しようと思います。
寝る前に,ストレッチ体操をしたり,アロマテラピーをしたり,カモミールティーを飲んだりなどいろいろあります。

もちろん,ピアノを弾いて気分が良くなることもあるけれど,今の自分のピアノは”お勉強”の要素が強いので,リラックスには繋がらないような気がします。
自分でリラックス出来るようなピアノも弾けるようになりたいです。

2011/01/10 Mon. 19:11 [edit]

category: 手入れ

cm 2  tb 0 

お弾き初め 

義母が泊まるために,クラビノーバーを置いてある和室に,折りたたみベットを置いていたので,この2日間は,練習しませんでした。(気持ちのゆとりもなかったので。。。)

今日,帰る前に,ピアノを聴かせてもらえなかったわね。と言われ,夫は,アップライトで弾いたら。と勧めるのですが,あの音は,ちょっと困るなぁ。と思い,和室のベットを隅に寄せ,ヘッドホンをはずして,弾きました。

最近練習している曲のうち,インベンション4番,レントラー,コラール(この2曲は,邦人作曲のヤマハ曲),ノクターン20番,モーツアルトソナタを弾きました。インベンション,レントラー,コラールまではつかえることは,無かったのですが,ノクターンは,昨年発表会で弾いたにも関わらず,流れよく弾けませんでいた。モーツァルトは,つかえるところもあったけれど,こんなもんかな。という程度には弾けました。
義母は,昔,蓄音機でベートーヴェンを聴いていたことがあり,自分では弾かなくても好きなようです。
インベンションとモーツァルトが良かったと言われました。特にモーツァルトは,一番,油がのっている感じと言われ,自分に合っている曲かもしれないと思いました。

ショパンのマズルカや,モーツァルトの幻想曲,シューマンの子供の情景などは,この頃練習していないので,いきなり弾く勇気はありませんでした。

今年は,時間のあるときにのは,もう少し沢山の曲を練習しようと思いました。

     2011.1.2

2011/01/02 Sun. 16:10 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

あけましておめでとうございます。 

大晦日から,義母が,2泊3日で我が家に泊まりに来ています。
毎年恒例の,夫の作るおそばも,今年は,とても良くできて,義母も,自分の作るものより美味しいわ。と喜んでいました。
私のおせちも,ここ2年,年末に送っていましたが,今年は,皆で一緒に食べられて,よかったです。

今日は,居間の壁面にそびえ立っている戸棚の上部に,長年,置き放しになっていた人形,置物(主に子供たちが集めたり作ったりしたもの)を,皆で,わいわいがやがや片づけました。義母が昔送ってくれたものもあり,あんなこと,こんなことがあったね。と思い出話も出来て,楽しかったです。

明日には,義母が帰り,次の日には長女,その次の日は長男と,ひとりずつ去って,また夫婦ふたりになります。
ほっとするような,淋しいような複雑な思いです。

今年は,ピアノのグレード試験を受けて,長い間,持っている曲に,一区切り付けたいです。
また,読書の時間も,確保したいです。

不定期なブログの更新ですが,これからもよろしくお願いします。

2011/01/01 Sat. 23:58 [edit]

category: これから

cm 0  tb 0 
2011-01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。