モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

風景 

地震の後、悶々とした気持ちで心がいっぱいになり、下ばかり見ている毎日でした。
ひんやりした今朝、ふと空を見上げると、素敵な雲が、流れていました。
風景3/23   
ロシアの原発事故の後、コンクリートの割れ目から、小さい植物が顔を出した写真を見て、ホットしたことを思い出します。
被災地で、避難所などの慣れない環境で心細い思いで暮らしている人たち、余震に神経を使い、原発事故による放射能に不安を抱く人たちに、少しでも早く安らかな毎日が戻りますように。

彼岸過ぎの、庭の風景です。寒さで縮こまっていた植物も、勢いづいてきました。
風景3/23 

風景3/23 

風景3/23

風景3/23
スポンサーサイト

2011/03/23 Wed. 08:29 [edit]

category: 撮る

cm 0  tb 0 

レッスン 3/18 

この時期に、ピアノのレッスンにいって良いものか、迷ったけれど、結局、予定通りレッスンに行った。

モーツァルトのソナタK.332の2楽章から。ひと通り弾いた後、まずまずだったので、この曲で良いことになった。Adagioの曲で、力むところのない曲なので、硬い音にならない。
譜読みの間違いは無かった。もう1回、ペダルなしで弾いてくること。

ツェルニー30番の1番。鍵盤近くから、打鍵することは出来ている。フレーズの切れ目で、手首をあげること。これが、できていなかった。手首の上げ下げで、脱力ができるし、音楽を成り立たせている緊張→弛緩→緊張→弛緩・・・の繰り返しが、達成できる。ということだった。
このような説明を受けて、ツェルニーの勉強をするのは、初めてなので、すごく新鮮なことのように聞こえた。
私に欠けている基礎的なことを、再び勉強しなおすことができるので、あせらずに、進めていこうと思う。

即興は、伴奏付け、第1変奏、第2変奏を2題。どちらも、合格。

震災以後、いつもそのことが頭にあり、特に、原発の事故は、これまでの快適な電化生活が、一部の地域の犠牲の上に成り立っていたことを思い知らされ、とても、申し訳なく、やりきれない気分にさいなまれていた。

しかし、レッスン中は、全く忘れて、外に出た時には、現実に引き戻された。
家での練習も、そのことだけに集中できる時間を持てるのは、本当に幸せなことだと思った。

2011/03/18 Fri. 20:49 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

ひとつずつ 

被災地での甚大な被害で、ライフラインをたたれ、飲み水、食料、毛布も足りない状況で、暴動が起きない日本人って、すごいと思う。
皆、悲しみ、苦しみを心に抱えつつも、じっと耐えて、日々を送っておられる。

今のところ、直接の被害にあっていない私にできることは、節電、風評に踊らされないこと、いざというときのために、必要なものを備蓄すること、心を穏やかに保つこと、募金、祈ること、だろうか。

先行きの見えない毎日。今できることを、ひとつひとつ片づけていくことを心掛けよう。

2011/03/15 Tue. 08:48 [edit]

category: 地震

cm 0  tb 0 

東北地方太平洋沖地震で被災された方々に、お見舞い申し上げます。 

阪神大震災を上回る地震の被害映像を見るたびに、どうしても実際に起きたことと認めたくない自分があり、心がざわざわしてたまりません。

それにしても、テレビは連日連夜、キャスターも黒っぽい服を着て、地震報道を繰り返すので、落ち込む気分が、加速されます。
通常の番組を放映しても、今の世の中の気分には、そぐわないということでしょうか。
でも、何か、ホットできて、一瞬でも悲しみや苦しみが和らぐ内容のものが、あっても良いのではと思います。

被災して多大な苦しみを味わっておられる方の気持ちが、少しでも和らぐことを、祈るばかりです。

2011/03/14 Mon. 08:39 [edit]

category: 地震

cm 0  tb 0 

新しい曲 

午後になっても,先生から連絡がないので,もしかすると忘れられたのでは。とこちらから電話をすると,やはり,ころっと忘れていました。ということで,折り返し連絡をいただきました。

モーツァルトのソナタK.332の2楽章になりました。4ページで短いですが,後半が難しそうです。
とても綺麗な曲で,私は好きですよ。と先生はおっしゃったけれど,確かに,装飾音の使い方がしゃれていて,好きになれそうな曲で,良かった~。とひと安心。(好きな曲でないと,なんとなく練習意欲がわかないので。。。)

また,もうすぐ5冊目が終わる初見練習問題のことも伺いました。毎日見開き2ページ弾き進んでいるので,あと7日で,終わってしまいます。
1冊目の曲は忘れているでしょうから,また始めから弾いてみてください。とのことでした。

ツェルニー30番の1番は,さすが3回目なので,何回か弾くうちに,スラスラ弾けるようになりましたが,あえてゆっくり弾いて,鍵盤近くから打鍵するように注意しています。

2011/03/06 Sun. 19:48 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

レッスン 3/4 

雪がちらちらする中,かじかむ手をこすってレッスンに臨む。

この頃,自分の弾き方に自信が持てなくなっているので,今週もテクニックを見ていただいた。
結論としては,無駄なエネルギーを使って弾いているとのこと。スケールの付点の変奏も強拍で指を振り上げる時,目安として3センチ以上は上げないこと。普通に弾く時も,私が思っている以上に,軽く弾くこと。
昨年の発表会が終わってから,半年くらいテクニックを見ていただかなかったつけが回ってきている感じ。
スケートの浅田真央ちゃんも,癖を直すのに時間がかかるのだから,仕方のないことですよ。と先生もおっしゃる。
まして中年いや初老の人間が癖を直すのは,もっと大変なこと。こつこつあさらずにやっていくしかない。

ドビッシーは,以前弾いた時も暗譜をしたし,今回も弾きこんでいるうちに,暗譜してしまったけれど,どうしても以前弾いた癖が抜けきらずと言うか,弾けば弾くほど,悪い方向にいくようだ。
そういうことで,この曲もグレード試験の曲として弾くことはやめることになった。

私もこの2週間弾いていて,これで良いのかなあ。と思うところがあって,今日は,今まで練習した曲のリストを持って行った。
モーツァルトのソナタの2楽章(速度がゆっくりなので)で,今まで弾いたことがない曲を先生が選んで連絡を下さることになった。

また,ツェルニー30番もやり直すことになった。ゆっくり,1番を弾いてくること。

帰宅後,押入からツェルニーの本を探してみると,なんと大人になってからやり直していることが判明。
すっかり忘れていた。しかし,このときは,ハイフィンガー気味でも注意されなかったと思うから,どのように指導されるか,楽しみでもある。

2011/03/04 Fri. 17:52 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 
2011-03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。