モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

カモミールティー 

カモミール1
今年も、こぼれ種から発芽したカモミールの花が、いっぱい咲きました。

カモミール2
花を摘みました。いつもは、これをお風呂に入れて、入浴剤として楽しむのですが、今日は、趣を変えてみました。

カモミール4
5~6輪、ティーカップに入れて、熱湯を注ぎ、フタをして蒸らすと、カモミールティーのできあがり。
とてもリラックスできます。
スポンサーサイト

2011/04/28 Thu. 12:42 [edit]

category: 手入れ

cm 2  tb 0 

レッスン 4/22 

*ツェルニー30番の1番
手首を上げる箇所が増えた。フレーズの切れ目だけでなく、音型が変わるところも上げるように。大分、弾きこんで、なめらかに弾けるようになったので、今日で上がりかと思ったけれど、まだまだ。手首をもっと、細かくしなやかに動かせるようになることが、大切なようだ。

*モーツァルトソナタ K.332 2楽章
先回よりは良くなっている。休符の後、出す音が唐突にならないように。細やかに神経を使うこと。だんだん慣れてきて、雑になっているところもあるので、譜面どうり弾くことを、心掛けなくては。

*即興
伴奏付け課題2題は、合格。モチーフ変奏4級の問題から、先生の出題された3題は合格。同じ問題を練習していても意味がないので、次回は、6巻目(今は1巻目)の問題集を購入し、その中の5級の問題を10題練習しておく。

*テクニック
嬰へ短調のアルペジオの左手下りで、弾いた後親指を曲げることを全く忘れていた。そのために、弾き辛くて、速度が上げられなくなっていた。練習中、右手と左手があまりにも違うので、左手の親指の具合が悪いのかと、見当違いのことを考えていたのが恥ずかしい。やはり、時々テクニックを先生に見て頂く必要あり。

2011/04/22 Fri. 20:57 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

自然な流れ 

練習中のモーツァルトのソナタ、右手p,左手ppの所、左手、音が浅くならないように、しかし弱く弾くというのが、難しい。付点の変奏やスタッカートの練習もして、打鍵は安定してきたけれど、手首を下げるか、少し上げるかで、迷っている。手首を下げた方が、脱力しやすいけれど指の動きの自由度が狭まるように感じる。逆に手首を上げると、肩に力が入るような気がする。手指の動きが、楽で、しかも、良い音が出るような、腕の使い方を、模索中。

ツェルニー30番の1番も、右手を、付点の変奏で練習している。この練習をしてから、右手の音が、大分クリアーになったような気がする。フレーズが切れるところで、手首を上げると、そこで、緊張が解き放たれ、次へ進むエネルギーが自然に補充される。どこまでもどこまでも、疲れずに弾けるような気さえする。

手首の動き、それに伴う腕全体の動き、肩の動き、すべてがうまく連動すると、自然な流れるような演奏になるのだろう。

2011/04/16 Sat. 22:49 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

レッスン 4/1 

*モーツァルトソナタ 12番2楽章

左手をもう少し弱く。重音で進行するところ、ソプラノの音を響かせる。ロマン派の曲のようなメロディアスさはないけれど、歌える箇所が沢山あって、練習していても楽しいのがうれしい。

*即興

ニ短調の問題2題、伴奏付け、第1変奏は良かったけれど、第2変奏が、変化に乏しく、やりなおし。
モチーフ変奏は3級の問題の最後の方、先生が選ばれた問題2題を弾いた。何回も何回も家で練習しているので、これは、合格。

直接の影響は無くても、震災と原発問題に気持ちが動揺する毎日が続いている。練習する時間だけは、この問題から離れられることが、有り難い。復興には何年もかかりそう。自分の関われる範囲で、関心を持ち続けたい。

2011/04/01 Fri. 19:44 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 
2011-04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。