モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

効果のある練習をするために 

何週間も、同じ曲を練習していると、正直なところ飽きてくるし、フレージングやダイナミックスの問題になると、ただ練習回数を多くすれば良くなるわけでもないと思う。

先日、本屋でロザリン テューレックというバッハの専門家の著書”バッハ演奏の手引き”(全音から出版)という本を見つけた。

バッハ演奏の手引き

今、突き当たっている問題に役立ちそうなので、まず、第1部の内容を理解したいと思う。
スポンサーサイト

2011/07/23 Sat. 11:57 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

レッスン 7/22 

*テクニック
嬰ト短調のスケールとアルペジオ。アルペジオは2から始まるやりにくい形だけれど、シャープ系の3つ目に当たるので、指は慣れてきて、楽に弾けるようになった。

*ツェルニー30番の2番
2ページあるうち、最初の1ぺージ目、右手、腕に力が残っている。音もあまり良くない。2ぺージ目は合格。
もっと良く音を聴いて、力が抜けているかどうか判断できるようになりたい。

*モーツァルトソナタ 12番2楽章
この曲の出だしは、Pだけれど、右手が弱すぎて、メロディーがはっきりしなくなっている。左手とのバランスをよく考えること。左手で、唐突に大きい音が出てしまうところがある。

*即興
課題はすべて合格。

*課題曲 コラール
フレーズを意識して弾いていない。そのため、歌が感じられない。ソプラノを抜き出して弾く練習もして、フレーズのまとまりが、分かるような弾き方にすること。

少し停滞気味。でも、焦らずに、練習を続けよう!!

2011/07/22 Fri. 19:15 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

流れをよくするために 

モーツァルトのソナタ12番2楽章。一応、弾けるようになったものの、音楽が流れていないように感じられる。

そこで思いついたのが、歌声喫茶などで、指導する人が、今歌っている先の歌詞を口ずさむこと。

ピアノの独奏では、奏者自身が、次の音を前もってイメージし、準備する。

これを試してみたら、幾分、流れが良くなったのと、唐突に大きな音がでなくなった。

もしかしたら、当たり前のことかもしれないけれど、私には、ちょっとした発見。

そういえば、初見の練習するときに、いつも先を意識するように言われたような記憶もかすかにある。

流れがよどまないようにするためには、工夫が必要かもしれない。

2011/07/17 Sun. 22:36 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

どのように弾きたいか? 

モーツァルトソナタ12番2楽章(K.332)も、そろそろ仕上げの段階に入ってきた。

今まで、へブラー、ピリスの演奏を聴いて、私は断然へブラーの演奏が好きだ。しかし、ネットで調べてみると、へブラーは過去の人。という意見もあり、どんなものか色々な演奏を聞き比べてみた。

iTunes storeで検索できるごく狭い範囲だけれど、ワルター・クリーンの演奏も良いなあと思う。過剰な思い入れがなく、淡々と弾いているところが。
エリック・ハイドシェックは、私には少し取っつきにくい。メリハリがありすぎるように感じる。

とはいえ、えり好みせずに色々聞くことも必要かと思い、ワルター・クリーン、エリック・ハイドシェック、菊池洋子を購入した。1楽章ずつでも買えるのは、学習者にとっては、本当に便利!!

2011/07/14 Thu. 09:58 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

動作の見直し 

今朝、台所で魚を焼くときに、換気扇を動かそうとして紐を引っ張ったら、乱暴だったのか、紐が穴からはずれて落下!!
いっぺんに眠気が吹き飛んでしまった。

日常の動作のひとつ取っても、私は結構乱暴なところがあり、これがピアノの演奏にもでてしまう。

昨日のレッスンで、久しぶりに先生の前で弾いたインベンションは、フォルテになると、乱暴に聞こえてしまった。

少しずつ、日常の動作もしずしずとしとやかに出来るようになれば、ピアノの弾き方も変わってくるかもしれない。

ゆっくりした速度の、穏やかな曲はかなり良く弾けるようになってきたので、引き続き、進化出来るよう努力していこうと思う。

2011/07/09 Sat. 07:13 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

レッスン 7/8 

*テクニック
ロ長調のスケールとアルペジオは特に弾き難いところもなかったので、合格。

*ツェルニー30番の2番
左手は、とても綺麗に弾けるようになった。しかし、右手の音が硬い。原因は、スタッカートの時、手首が使えていないところ。手首を柔らかく使って弾くことがなかなか身に付かない。

今日から、グレード試験に向けて、今まで練習して一応仕上げた曲も見ていただくことになった。

*課題曲
グレード試験の課題曲は、以前は2曲用意する必要があったけれど、今年5月から1曲になった。そこで、レントラー、コラールの2曲のどちらかを選ぶことに。2曲弾いたところ、コラールの方が断然良い。ということになった。

*自由曲
・インベンション4番
フォルテになると、感情的になりすぎる。もっと冷静に弾くこと。

・ノクターン20番
細かい音で、指が上がりすぎて、音がパサパサしてしまうことがある。
2ページ目後半の左手、付点4分音符、伸ばしたりない。

モーツァルトと即興は、時間切れで、今日はなし。30分のレッスンでは、これだけの内容を、毎回全部というわけにはいかない。
次回は今日出来なかったものから、見ていただこう。

2011/07/08 Fri. 20:06 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

歌あれこれ 

混沌としたブックマークの整理と順番の入れ替えをしていたら、下の方においてあるYouTubeに目がとまりました。

ルビーの指輪(水色の字をクリックするとYou Tubeに飛びます。音が出ますので要注意!!)
久しぶりに聴く寺尾聡の歌は、やっぱりいいなあ。そして、これを聴いていた当時のことが色々思い出されて、しんみり。

ふと、横を見ると、井上陽水の曲が。陽水の曲も好きな曲がいっぱいあるけれど、どれかひとつと言われれば・・・
リバーサイドホテル

次には、この間コンサートで聴いた布施明のMy Wayを探してみるも、沢山ありすぎて迷いますが・・・
My Way 布施明
羽田健太郎さんのピアノもとても素敵です。

他にも、フランク・シナトラ、美空ひばりも聴きたくなり、また新たにブックマーク。
My Way フランク・シナトラ

My Way 美空ひばり

懐メロのオン・パレードですが、名曲は、歌い継がれても古びることはなく、聴く人の心の琴線に触れる。

やっぱり、歌は、良いなあと感激に浸り、またブックマークが増えてしまいました

2011/07/07 Thu. 10:09 [edit]

category: 鑑賞

cm 0  tb 0 
2011-07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。