モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

クリスマス風景 

街中に外出して遅くなったので、ケーキを買いましょう。とデパートのお菓子売り場に行くと、めぼしいところは、長い行列ができていたり、売り切れて追加生産中、少し待って下さい。など、結局手に入らず。
別に、なくても良いのに、ないとなると欲しくなる。

今年は、作るつもりだったので、いちごと生クリームは冷蔵庫にある。最寄り駅のひとつ前で降りて、ケーキ台を買い求め、素人ケーキを製作。

何年経っても、ケーキのデコレーションが上手くならないので、アラザンで、目くらまし。
味はまずまずでした。
     
         クリスマス風景1
     
         クリスマス風景2
スポンサーサイト

2011/12/24 Sat. 21:03 [edit]

category: 撮る

cm 2  tb 0 

里山旬菜料理に舌鼓 

篠山へ黒豆の買い物の後、とても美味しく、ほっとできるお店で、昼食を食べることが出来た。

江戸時代の庄屋さんの民家を改装してあり、白壁の倉では、雑貨の販売があったり、洋菓子も販売されていたり、古い民家をうまく活用しているなあと、感心した。

予約がいるレストランささらいでは、全部で36種類の野菜を使った料理が、次々に6皿ほど出てきて、もうお腹いっぱいというところに、美味しいデザートもあり、大満足。義母も、あまりこってりした料理でなかったので、ほとんど食べられた。
私が一番美味しかったのは、枝豆のスープに、野菜が添えられているもの。

外は、雪がちらちらしていたけれど、部屋の中には薪ストーブがあり、とても豊かな温かい時間が過ごせた。

    ささらい3   
    ささらい2
    ささらい4
        ささらい1

2011/12/23 Fri. 18:56 [edit]

category: 撮る

cm 2  tb 0 

ちょっと気を許すと。。。 

この前のレッスンは、かなり成果があったような気がした。その後の練習、少し手ぬるくなってしまい、また、モーツァルトのソナタ、安定しなくなった。

年末に向かい、忙しくなるけれど、何とか現状を維持したい。

そのためには、テクニックやツェルニーで、親指の曲げ方、脱力、ひとつの指の動きに他の指がつられないようにすること、音の鳴り方を良く聴くこと等、注意深く、練習する必要があるのだろう。

曲については、部分練習するところ抜き出して、ひとつのフレーズを何回も繰り返すこと。

これらを、実行する予定。

2011/12/21 Wed. 19:36 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

レッスン 12/16 

*テクニック
変ロ短調のスケールとアルペジオは、終わり。付点の変奏で、時々、弱く弾く音なのに、指が上がってしまうことがあるので注意すること。

*ツェルニー30番の5番
付点付きのスタッカートは、打鍵の後、手首を上げること。レガートのところは、手首を回すこと。持ち越し。

*即興
伴奏付け、変奏課題、モチーフ変奏、いずれも、今日のところは、合格。第2変奏で速度が速すぎて、止まりそうになったところがあるので、適切な速度で、始めよう。

*モーツァルトソナタ12番2楽章
先回に比べて、随分、良くなった。2カ所、スタッカートが関係するところを直すこと。

*インベンション2番
最初の対旋律に出てくるトリルが速すぎて、右手は何とか弾けても左手は無理なので、少し、遅めにする。

今年最後のレッスンになるけれど、とてもよく練習出来ていて、びっくりしました。と言われ、ほっとした。
グレード試験の曲を何回も変えることになってしまい、私もかなり焦ってしまった。しかし、練習方法を工夫したり、練習時間を増やした効果が少し出てきたようで、うれしい。

マーサ・ミアーの曲集も、最後まで初見練習したので、何か良い曲集はないか楽譜売り場で探していたら、新しい初見練習問題集6を見つけることができた。
毎日、見開き2ページ分の新しい楽譜にであって、弾くことは、かなり楽しみなので、弾くものがなくなると悲しい。これで、しばらくは、困らない。

2011/12/16 Fri. 18:58 [edit]

category: レッスンの記録

cm 2  tb 0 

バッハの練習 

インベンション2番も、弾きにくい箇所はなくなってきた。

このあたりで、やはり避けては通れないのではと、市田先生の解説書を、少し、念入りに読む。
4番を勉強し始めたときは、小節の模型を作って、画用紙に張ったりして自己満足していたけれど、大切なことは、弾くときの助けになるよう自分の頭のなかを整理していくことだろう。
今回は、もう1枚用意したコピー譜に主題と4つの対旋律に合う色をクレヨンで塗り、感覚的に理解するための、助けにしてみた。

それを見て気が付いたのは、子供のころ、インベンションが好きだったのは、メロディーの掛け合いが面白かったのでは、ということ。
大人になった今、本を読んだり、解説の映像を見たりして理解しようと努めているけれど、子供のころの気持ちも、大切にしたい。分析、分析・・・とこだわって、好きであったものが嫌いになってしまうのは、残念なこと。

楽器の前に座って、バッハらしい緻密な構成を頭の隅に入れて、楽しく弾くことを心掛けたい。

2011/12/15 Thu. 11:49 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

モーツァルトの練習2 

1小節ずつ、納得がいくまで5回練習を続けた後、2小節に伸ばして、また納得がいくまで5回という風に、段々、長くしている。

4小節ぐらいまとめて弾くと、事故もおきやすくなるけれど、何度も弾いているうちに、ツェルニーを練習しているときに味わったような、ずっと弾き続けていたい感覚になった。
マラソンの人の”ランナーズ・ハイ”のような感覚だろうか。

今まで、弾けないところ、弾きにくいところは、何度も練習してきたけれど、一応弾けていて、もっと安定させたほうが良いところの練習が、いまひとつ熱心に出来なかった。

もっと弾きたいという感覚が出てきたところで、練習を中断すると、再開するとき、取りかかりやすいような気がする。

2011/12/12 Mon. 11:54 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

モーツァルトの練習 

モーツァルトのソナタを、安定して弾けるように、1小節ずつ、左手の音量が適当か、音飛びがないか、右手のトリルの音が大きすぎないか、小節の終わりの音のすぼまりが、できているか、などを良く聴いて、うまく5回出来たら、次の小節に進むという練習をしてみた。

とても時間はかかるけれど、効果はあるようだ。

唐突に大きな音が出たり、リズムが崩れたりしないためには、とにかく何度も何度も練習すること。
一度に、弾く範囲が、長いと、チェクが甘くなりがちなので、短く区切ることは効果的。

もっと、早く気が付くべきだった。

2011/12/09 Fri. 21:45 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

ヨガとウォーキング 

午前中、慌ただしく15分だけ即興の練習問題を弾いた後、ジムに行き、ヨガを1時間、ウォーキングマシンで30分、ウォーキング。

ヨガは、ちょっと強めのストレッチという感じで、体の各部位が、のばされ活性化する。間に挟まれる”シャバーサナ”(仰向けに寝て、弛緩する。)は、本当に気持ちが良くて、もう少しで眠ってしまいそうになる。

ウォーキングは、シャカタクの”NIGHT BIRDS”などを、聞きながらひたすら歩く。以前は、30分ただ歩くことが苦痛だったけれど、最近は、達成感も感じられるし、楽しくなった。

フュージョンは、体を動かしながら聞き流す音楽としては、最適だと思う。何度聞いても飽きないのも不思議。

NIGHT BIRDS (You Tubeで見つけた素敵な動画。投稿された方に感謝します。)

2011/12/07 Wed. 15:02 [edit]

category: 手入れ

cm 0  tb 0 

”気楽にやれば。”と言われても・・・ 

夫が在宅の日は、ピアノの練習は、夜の片づけが終わった後に、始める。
一昨日は、1.5時間、昨日は2時間。
昼間の練習を、1時間はしたいところ。

最近の私の練習の様子を見ていて、夫が”何か思い詰めているみたいだね~。もっと、気楽にやれば。”と、言葉をかけてくれた。
私としては、今年中にグレード試験を受けるつもりでいたのに、無理になったし、即興の練習問題も、段々、難しくなってきて、真剣に向かわざるをえない。
何事も、一度始めたら、やめられないのが、私の性分なので、周囲には見苦しく思われても、七転八倒しながら続けている。

初見の練習は5冊の問題集、2巡したので、もう初見の練習として使うのは、やめて、
マーサ・ミアーの”ピアノ・ジャズタイム”という、ネットで紹介されて買い、そのままにしておいた曲集を、使っている。初心者でも弾けると謳っているだけあって、譜読みは簡単だけれど、シンコペーションとかジャズっぽい音に出会い、弾いていて面白い。

色々、練習方法を工夫して、煮詰まらないようにしたい。

2011/12/05 Mon. 09:15 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

レッスン 12/2 

4日間練習しない日があったので、帰宅後、取り戻そうと練習時間を増やしたけれど、新しい曲(インベンション)以外は、散漫な練習になってしまった。

*インベンション2番
この曲に変えて良かったという先生の言葉を聞いてひと安心。しかし、対旋律Bで、不正確な箇所があった。他は、今日は問題なかった。

*課題曲 早春
ペダルを踏むところ、タイミングが違って、濁る。耳で良く聴くこと。

*ツェルニー30番の5番
よく練習は、出来ているけれど、右手のリズムが不正確。

*テクニック
変ロ短調のスケールとアルペジオ。付点の変奏で、アクセントを付ける音は、打鍵の前に指を上げる。それ以外の音でも指が跳ね上がってしまう音があった。指をよく見て、確かめながら弾く必要がある。

*モーツァルトソナタ12番 2楽章
まだテンポがぶれるところがある。右手がトリルとか細かい音の時に、左手が不安定になるよう。

自分で、ペダルの濁りとか、テンポのぶれが、はっきり分かるようにならないといけないのだろう。

2011/12/02 Fri. 21:47 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 
2011-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。