モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

レッスン 10/23 

バッハBWV Anh116は、左手がとても良くさらえているとのこと。丁寧に練習したかいがあり、うれしい。
右手、最初の2小節の音型が弾きにくいせいもあり、良く歌えていない。アクセントをつけるところは、前のめりならないように。

「貴婦人の乗馬」は、3段目の3連符上昇するところ、強弱の付け方がおかしい。最初からフォルテにしない。など。和音の脱力は、今日は注意がなかったので、良かったのだと思う。

注意があったところは、弾きながらこれでいいのだろうかと、気になっていたところ。より自然に聞こえるよう、弾き方を工夫すればいいのだろう。強弱やリズムは唐突にならないように、ちょうどいい加減を自分でつかむことが大切。

モチーフ変奏は、刺繍音を使うことと、和音外の非和声音を使うと、グレード相当の変奏になるようだ。途中までしか読んでいない解説書も、もっとまじめに読んで、変奏の方法を自分のものにしなければならない。

2008/10/23 Thu. 19:42 [edit]

category: レッスンの記録

cm 2  tb 0 

コメント

こんにちは。
バッハ、私も聴かせていただいたとき、左手がとてもきれいに歌っていると感じました。それに、右の抑揚も自然で、本当に弾き込んでいると思います。

私も、モモさんの歌い方、参考にします。

orange #udg4x/Zk | URL
2008/10/25 13:30 | edit

orangeさん コメントありがとうございます。

左手は、私にとって利き腕でないので、練習を増やしたこともありますが、左手のピアニストといわれる方たちの演奏をいくつか聴いて、左手だけでもすばらしい感情表現が出来ることを知り、まねしてみたくなったのです。それにしても、両手が使えることは本当にすばらしいと思います。もっと精進したいです。

お互いに、がんばりましょうね。

モモ #G9Eg9.XA | URL
2008/10/25 16:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/100-fca0a638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。