モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

練習の仕方 

私の部分練習は、機械的になってしまうことが多い。

今日ピレッシュ先生のレッスンの録画を見ていて、なぜそれがダメなのか、なるほどと思った。
機械的な練習というのは、その場限りの、応用のきかないものであり、演奏中に何かが起こっても、役に立たない。ということらしい。

モーツアルトのソナタの一部分を練習するのに、先生が左手、生徒が右手を弾き、次には、先生が右手、生徒が左手と交代して、バランスを探ったり、音を良く聞いたりしていた。
生徒が、とても上手な男の子で、右、左、素早く先生と交代しても、ほとんど破綻がなく、すごいなあと思った。あらゆる感覚を動員しなければ、こういう事はこなせないだろう。

私の子供の頃からの練習方法は、一通り弾けるようになってから、表情をつけたり、ペダルをつけたりだったけれど、それでは、音楽している時間が短くなるような気がする。
もっと早い段階から、音楽を作っていくのだというを意識を持った方が、練習も無味乾燥なものになりにくいのではと思う。

2008/10/31 Fri. 22:29 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/103-dfa62070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。