モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

メトロノームのこと 

レッスンの時、テクニックのスケールと、アルペジオを弾く前に、メトロノームで、速度を確かめてから弾く。最初から最後までかけ続けなくても、一応(速度に関して注意を受けたことはないので)許容範囲に収まっているようだ。スケールやアルペジオなど定型的なものでは、問題がない。淡々と弾けばよいので。それに引きかえ、曲に盛り上がりがあるものでは、つられて、速度が速くなってしまう。これは、多分、心と頭が、分離していないために起こることだと思う。早鐘を打つような心の状態でも、弾く時には、冷静さを失ってはいけない。

今日は、最初にメトロノームで速度を確かめる。→メトロノームを止める。→録音しながら全体を通して弾く。→録音を聞くときにメトロノームをかける。
という練習をしてみた。
指の回りにくいところが遅くなっていたり、レッスンの時には、速くなっていたところが、注意して弾いたせいか、少し遅くなっていたり、ずれが、とてもよく判る。

練習曲では、要求されている一定の速度に沿って、弾けることは大事なことだろう。
最初から最後までメトロノームをかけていては、はずしてしまうとダメなようなので、今日のような練習は、役に立つかもしれない。
今まで、このような練習をしなかったことが不思議に思えるほど、あたりまえのこと。。。

2008/11/17 Mon. 20:42 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/110-a945cbc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。