モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

挫折と希望 

大分前の話ですが、中村紘子さんがゲストとして招かれたテレビの番組で、ジュリアード音楽院に留学してから、日本の先生に習っていた弾き方を直すことになって、挫折感を感じた。ということが話題になっていた。

国際的に活躍されている大御所と比較するのは、恐れ多い事だけれど、私も4年前に、今の先生について「脱力」を意識した弾き方の勉強を始めたとき、今までのあなたの努力は、ピアノを美しく弾くためには、害があることだったのですよ。との言葉に、いいようのない挫折感を感じた。しかし、この弾き方が出来るようになると、とてもピアノを弾くことが楽で、楽しめるようになります。という言葉に希望も感じた。

それまでは、譜読みのあと、おおよそ弾けるようになったら終わり。という受け身のレッスンだった。
音を自分の耳でよく聴いて、まずい所を完全に弾けるようになるまで、先には進めないという新たなレッスンでは、自分は何をやっているのだろう。こんなことして、何になるの。という気持ちにもしょっちゅう襲われ、苦しかった。しかも、何度も練習することに慣れていなかったので、つまらない間違えで、繰り返し繰り返しやり直しが続いて。。。

やっと最近、練習方法も飲み込めてきたし、練習自体が楽しくなってきた。まだずっと続く道だけれど、自分の足下を見るゆとりも出来てきたように思う。

急に、これまでのことを振り返って書きとめたくなりました。
諦めずに、続けて良かったです。

2009/01/20 Tue. 08:30 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/135-19fd5720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。