モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

従になる音の弾き方 

ソナチネの右手和音、左手スケールが、いまひとつ仕上がらず、何がいけないのか、思案していたが、ふと、スケールのとらえ方が違っているのではと思った。

テクニックで弾くスケールとか、この曲でも他の部分に出てくるスケールは、それ自体が主人公。その場合は、脱力していても、かなりバリバリと弾いても違和感はない。

しかし、問題の箇所は、右手が主人公、左手は、主人公をひき立てる脇役なので、同じ弾き方では具合が悪い。少し、手のひらを丸めて、指先で弾くと良いようだ。

臨機応変に、弾き方は変えなければいけないと気づいた。

2009/03/04 Wed. 11:57 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/156-c8168451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。