モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

レッスン 3/13 

猛烈に、反省を促されたレッスンだった。

バッハのポロネーズ。右手のスタッカートにつられて、左手のノン・レガートが2個目からスタッカートになってしまった。左手だけの練習も、両手練習も沢山したのに。と情けなくて、思わず先生に、なぜ、できないのか。と訊ねると、身に付いていないからです。というお答え。小さい子供もひとつづつ曲が進むごとにできるようになるのですから、何十年も違うやり方(いい加減な)で、譜読みをしてきたのだから、数年でそれが改まるはずはなく、時間をかければ必ず、できるようになります。という励ましも、今日ばかりは、心にとめられなかった。
ソナチネも、クレッシェンドで、前屈みになるところ、左手スケールの拍感なし、スフォルツアンドで、肩に力が入りすぎて音が硬くなっている・・・
まだまだ、問題はありそう。感情が高ぶっても、体の動きがそれにつられてはいけない。とはいつも言われているけれど、直らない。

また、弾きながら音を聴いていないところが多い事にも気づいた。
弾くことと自分が出した音を聴き味わうということを、心を冷静に保って、同時にこなさなければ、単なる指の体操に終わってしまう。
テクニックや表情以前の、基本的な態度を直さないといけない。

2009/03/13 Fri. 18:51 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/161-e37759ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。