モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

速度を遅くして練習する利点 

バッハのアレグロは,50の速度で,両手演奏,メロディー唱左手演奏も間違いなくできるようになったので,クラビノーバーに附属しているメトロノームの最低速度32で,全体の両手演奏をしてみた。できるようになってきたら,ドンドン速度を落として,確かめる。(何回も弾く必要がなくなるので,時間がかかっても良いということで。)

そして,速度を遅くして弾くと,間違えやすい箇所の譜面が視覚的に頭の中に現れるので,いっそう記憶が確かになることに気づいた。

とりあえず,弾けるようになれば方法は何でも良いのだろうけれど,なぜ,その方法が良いのかがわかると,このなるほど感が,ちょっと退屈な練習でも続けてみようという原動力になる。(面倒なことを避けたくなる私の場合)

2009/05/21 Thu. 10:42 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/209-db085e73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。