モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

 ”ひろげる”と”ちぢめる” 

テクニックの練習に使っている緑色の”ピアノのテクニック”の本で,スケール,アルペジオに先だって,”指をほぐす練習”も毎日している。

各ページの上に,ひろげる1-2-5-4,ひろげる1-3-5-3,・・・と書かれていて,”ひろげる”が続いた後,今回から”ちぢめる”に変わった。

子供の頃から,何度もこの本は使ってきたけれど,”ひろげる”,”ちぢめる”を意識したことはなかった。”ひろげる”という言葉も,指の拡張という意味だとすると,なんだかおかしいな。1-3なんか,無理しなくても弾けるし。とぼんやり考えてはいた。

最近得た,色々な雑学などから考えると,親指を打鍵したあと,次に続く指番号によって,親指の脱力の仕方が違うことを体得するのが目的だろうか。

テクニックの練習では,1指ずつ,きちんと音が出ているか,鍵盤に対する角度は正しいかなど,注意しながら弾くと効果があがるだろう。

2009/09/09 Wed. 16:50 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/267-f8a7bb44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。