モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

ベートーベンの音楽 

ベートーベンの曲は,ソナタをいくつか弾いたけれど,少し押しつけがましさを感じて,敬遠していた。

しかし,今練習している”「うつろの心」による6つの変奏曲”に出会って,感じ方が変わった。
この曲は,軽やかで,生気にあふれて,微笑みたくなるようなフレーズが巧みな変奏で,彩られている。
食わず嫌いは損!!と思った。もっと,色々な曲を聴いてみよう。

2008年12月から2009年3月にかけて放映されていた”シフと挑むベートーベンの協奏曲”という番組のテキストが手元にあるので(番組は難しすぎると思い見なかった。残念!!),遅まきながらつまみ読みしている。

色々参考になることが書かれているが,ひとつ思ったことは,ベートーベンの音楽に限らず,曲の弾き方を学ぶだけでなく,ヨーロッパの歴史など,音楽の背景にあるものも理解出来たら,もっと深みのある演奏になるはず。ということ。

より良く弾くためにも沢山の時間がいるのに,その文化背景の勉強までとなると,いくら時間があっても足りないかもしれない。

しかし,作曲家が何を意図して曲を作ったか。何を表現したかったか。を理解して演奏できたら,もっと弾くのも楽しくなるような気がする。

2009/09/18 Fri. 14:21 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/271-e6b3aa28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。