モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

いくつかの独立した旋律を聴くこと。 

2声の曲の旋律を,自分の中に取り込むのに,ひとつの声部を弾いて,もう一方を歌う。という方法を実行している。
なぜ,それが,”聴く”ことにつながるか。不思議だと思った。

単旋律のモノフォニー,主旋律+伴奏のホモフォニーまでは,旋律線が1本なので,メロディーは歌えているし,聴けていると思う。問題は,いくつかのの独立した旋律が,絡み合うポリフォニー。

私見ですが。。。

いくつかの旋律を聴くということは,

いくつかの旋律の線路が,頭の中に敷かれて,線路の上に音符が乗るようになること?

オーケストラーの指揮者は,沢山の線路を持っていて,各楽器の音が,線路の上にポン・ポンと配置されていくこと?

聴けている人には,当たり前のことが,聴けてない人間にとっては,どのような状態が聴くということか気になり,考えてみた次第です。

2009/09/30 Wed. 08:23 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/276-57113c85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。