モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

あやしいところを探す。 

先日のレッスンで指摘されたところを直し,もう,このくらいでいいかな。という安易な気持ちでいると,録音しても部分練習しても,なかなか問題が見つからない。

今日は,いつもとは違う練習をしてみた。

1:左手を弾いて右手を歌う練習
2:すごくゆっくり(四分音符=32)弾く練習
どちらも弾いていて気持ちの良い練習ではないけれど,問題がはっきりした。

1では,左手の音のしっかり覚えていないところが,分かった。

2では,右手トリルが入るところや,細かい音が駆け上がったり下がったりするところで,左手が,正確に拍を刻めなくなることが,分かった。
普通の速さでは,何となくごまかせるところも,虫眼鏡で見るように,速度を落として拡大すると,アラが見つかる。

テクニックでも速い速度ばかりでなくゆっくりした速度でも練習するように先日言われたけれど,このことなんだと(当たり前のことかもしれないけれど)納得がいった。

トリルもゆっくり丁寧に弾いて,音を一音ずつ確かめて弾いたあと,元の速さに戻すと綺麗に弾けるような気がする。普通の速度で何回も繰り返す練習の他に,これも取り入れてみようと思う。

これだけまずいところが,判明すると,このくらいでいいかな。という気分は吹き飛ぶ。
まだまだ,仕上がりは遠い。

2010/01/10 Sun. 19:56 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/310-d71e049a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。