モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

左手の練習 

ノクターン20番の左手の伴奏は,黒子ではあるけれど,右手のメロディーを支える重要な役割があると思う。

安定して弾けることで,この曲は,かなり聴いている人には心地よくなるはずだ。という考えから,
今日は,左手の練習を重点的にした。
テクニックの練習のように,マルカート,付点,逆付点,スタッカート,速い速度,遅い速度など様々な弾き方をしてみた。

時々かすれるのは,最初の小指で弾く音と,3番目の1オクターブ以上離れた親指で弾く音なので,小指に注意することと,手首を上手に回して,3番目の音を弾く準備を早める。

色々な練習をした後は,大分,しっかり弾けるようになった。
小さな音でも,確かな音というのは,聴いていて安心できる。
また,左手が楽になると,右手を歌うことに重きをおけるので,そのためにも左手を楽に弾きこなすことは大切だろう。

あたりまえのことがあたりまえにできるだけでも,曲の安定感が増すものだと実感する。

2010/01/12 Tue. 22:37 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/311-5e151798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。