モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

レッスン 1/22 

発表会前の最後のレッスン。

今日は,一番大切な(ことが,この頃分かった)テクニックから見ていただく。
正しく弾けているとのことで,第一関門通過。

いよいよノクターン20番。
椅子の高さの調節を再びして,右ペダル,左ペダル2回ずつ踏み,しばし目を閉じて深呼吸。
息を深く吐いてから,弾き始めた。

1回目は,ペダルの濁ったところがあり,もう一度トライ。少し椅子を下げて。
2回目は,無事,問題なく弾けた。1回目のペダルが濁ったところは,トリルのところで,振り返ると,少し音が厚いかなあ。という感覚は,あった。しかし,すぐに気づいて訂正できなかった。
弾きながら,良く聴いて,おかしいと思ったら,素早く踏み方を変えられようにしないといけない。

発表会でこの曲は終わり。次の曲のことになり,まだダメなら他のものにしますが,とお断りした上で,
マズルカを弾きたい。というと,弾きたいものを弾くのが良いですよ。とあっさり,認めて下さった。

マズルカは,以前から是非弾きたいと思っていたので,すごくうれしい。

さて,どのマズルカにするか?
51曲もあるので,選ぶのも大変だけれど,ルービンシュタインの演奏をamazonで試聴したり(各曲30秒ほど),手元にある音源を聴いたりして,Op.59-3が,いいかな。と思っていた。
どんな曲でしたっけと聞かれて,メロディーが思い出せなかったのは,情けなかったけれど,とにかく,その曲でよいということに。
楽譜は,コルトー版の日本語訳が良いです。とのこと。早速,買い求めた。

楽譜を見ると,確かにこのメロディー。これを練習できるなんて,本当にピアノを続けて良かったと思う。


2010/01/22 Fri. 19:05 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/315-7fd73eae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。