モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

再読して 

発表会前の,気分が不安定なときに,今まで読んできた本をパラパラめくっていた。
その中で,すごく自分の気持ちをすくい上げてくれた本がある。

”心で弾くピアノ” 音楽による自己発見 セイモア・バーンスタイン著 佐藤覚+大津陽子訳

ここ数日,発表会後の虚脱感を感じていたのだけれど,”演奏会後の日々”という項目で,気持ちが高ぶった後どのように対処していくかが書かれていて,とても参考になった。
私が理解したところでは,慣れない努力をしてエネルギーが枯渇したときは,なにもしないこと。
そして,一時的な落ち込みの後は,心を満たしてくれる曲が,無尽蔵に目の前に存在し,どのようにも挑戦出来るのだということが書かれていた。

私は幸いに,次に弾く曲も決めてあるので,その練習にスムーズに移れば良いのだと,背中を押されたような気がする。

マズルカ38番は,全体で6ページ,速度表示がVivaceで,3分くらいの曲。譜読みは,ABA'のうち,Aの部分は,終わり,右手,左手,メロディーを覚えられてから次に進むつもり。

心で弾くピアノ―音楽による自己発見心で弾くピアノ―音楽による自己発見
(1999/04/01)
セイモア バーンスタイン

商品詳細を見る


2010/02/02 Tue. 16:23 [edit]

category: ピアノ

cm 2  tb 0 

コメント

私も持ってます~♪

私もこの本持ってます。
購入したのはヤマハにいた頃なので、もう随分前なのですが、モモさんのブログを読んで、また読み直してみようかな♪と思いました。とてもいい本ですよね~♪

ほごち #- | URL
2010/02/02 23:58 | edit

読むと落ち着く本

ほごちさんも,持っていらしたのですね~♪

私も,随分前に買って,ざっと読んだだけでした。
文章が長くて,読むのに時間がかかりますが,どうしようかと悩んだときとか,実例が多いので,参考になる本です。

モモ #G9Eg9.XA | URL
2010/02/03 08:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/322-8028c552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。