モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

「2音」を「10秒」ずつ 

昨日のレッスンは,急用のため,来週に延期していただいた。

このところ1週間~10日に1回,親たちの所に行くことになり,こちらでの生活が落ち着かなくて,練習も気がそぞろになることが多い。

先日,愛読しているピティナのメールニュースで,練習のヒントをもらった。
部分練習の具体的な方法になるけれど,「2音」を「10秒」ずつというもの。

弾きにくい所を詰めていき,もっとも困難な2音を10秒ずつ練習すると,確かに,練習時間が限られたそわそわしたときでも,効果的に練習できる。

発表会前のノクターンも,”レッスンごとに,1つずつでも,問題点が解決していけば,充分,間に合いますよ。”と
励まして下さった先生の言葉も,思い出される。

出来ないところを,見過ごさないで,細かく細かく詰めて練習していけば,曲は,いつかはそれなりに出来あがってくるもののようだ。

2010/03/13 Sat. 07:33 [edit]

category: ピアノ

cm 2  tb 0 

コメント

メールニュース。

ピティナのメールニュース、来ていても、いつもきちんと読んだことがなく、そんないいことが書いてあったとは・・・!というかんじです。

「10秒」と考えて集中すると、確かに気持ちが落ち着いてなくても、その間だけは集中出来そうですよね!いいコトを知りました。
最近色々と忙しいので、私も参考にさせていただきますね♪有難うございました(*^^*)。

ほごち #- | URL
2010/03/13 17:12 | edit

私も,たまたま読んだときに,見つけた記事ですが,具体的なアドバイスだと思います。
何となく弾けないところというのはなくて,弾けない箇所をつきつめていくと,原因が見つかり,そこを重点的に練習すればよい。ということなのでしょうね。
いま,マズルカの譜読み段階ですが,弾きにくい所をこの方法で練習すると,時間の節約になることを実感しています。

モモ #G9Eg9.XA | URL
2010/03/13 22:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/338-00317958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。