モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

素早く動かすこと。 

”つばめ”の出だしの、左手スタッカートの音が、良くない。次の音が、右手を超えて打鍵する準備で、手首が固まっている。軽いスタッカートにするためには、打鍵した後、すぐ手首を折って、脱力する方がいいようだ。
打鍵→脱力→放物線を描いて腕の移動→手首は、鍵盤と平行の位置に戻す。→打鍵→脱力・・・という流れで弾けば、軽く、歯切れの良い音が出ると思う。

大切なのは、打鍵した後、手首を素早く動かすこと。ブルグミューラーのほかの曲でも、この点がうまくいかなかったことがあったけれど、なかなか身につきにくい。気がついたときに、徹底的に直していくほかないだろう。

2008/06/16 Mon. 21:19 [edit]

category: ピアノ

cm 2  tb 0 

コメント

おはようございます。
打鍵後、「抜く」ということを、最近教わりました。本当に、今まで、いったい何をやっていたのだろうかという感じです。「抜く」ことで、脱力ができ、次の音がまた、きれいに響くような音への準備ができますね。

初めは、大げさなくらいにして「抜く」動作をしてみました。先日の公開レッスンで、やっと「OK」がもらえました。「抜く」ことを知らないで、ロマン派の曲を弾いてきたこと、とても恥ずかしいです。

本当に知らないことがたくさんあります。お互い、気長にやりましょう。

orange #udg4x/Zk | URL
2008/06/17 10:41 | edit

orangeさん コメントありがとうございます。

不確かな記憶ですが、昔習ったときには、手首は動かさないで。と言われた覚えがあります。

なかなか新しいことが入りにくいですが、コツコツやってきましょう。

モモ #- | URL
2008/06/17 20:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/36-2e0dfc7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。