モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

この頃の練習 

こちらに戻ってからは,毎日練習している。その日のやる気と疲れ具合によって,30分の時もあれば2時間の時もあるけれど。。。

テクニックは,”ピアノのテクニック”(緑色の本)を15分くらい,必ず弾いている。5日弾かないと,手がとても重く感じられるので,抵抗なく弾くためにも,テクニックは毎日続けようと思っている。

バッハのプレリュードBWV935は,やっと左手を聴けるようになった。難しい曲ではないけれど,メロディ-の上がり下がりにややこしいところがあり,音として覚えることと,手になじませるのに時間がかかったが,少し余裕を持って弾けるようになった。やはり,何回も地道に片手練習するのが必須。

マズルカ38番は,最初の部分の左手和音の跳躍は打鍵は深く,ペダルは浅くが,難しい。(手が足につられたり,足がが手につられたりするので)
この部分は,右手のメロディーを浮き立たせ,左手の和音は,和声に深みを添えるものと意識した方が,綺麗にまとまるかなあと思う。
靴下でペダルを踏むのと,靴で踏むのとは感覚が違うので,靴底を綺麗にして,靴を履いて踏むことにした。薄いペダルになっているのか今ひとつ自信がもてないけれど,親指の付け根あたりで押さえるよう,かかとを後にずらすと,グワ~ンと響くこともないようだ。
この曲は,今週の金曜日のレッスンで終わりになる予定なので,短調部分の地に足を引きずり込まれる感じと,長調部分の夢見る感じの違いをはっきりさせることと,メロディーをしっかり歌えるようにしたい。

即興は,何度も同じ曲の伴奏付け,変奏をしているので,ほとんど自動的に手が動くけれど,試験の時,与えられた初見の曲を落ち着いて弾くことが出来るか,少し不安。例題を沢山こなす必要があると思う。

シューベルトのソナタの譜読みは2ページ(全体が5ページ)終わったけれど,最初からアルペジオでないと弾けない和音が出てくるので,少し取っつきにくい。しかし,メロディーはとても綺麗なので,マズルカが終わったら,集中して譜読みに取り組めると思う。

2010/06/21 Mon. 11:37 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/372-60c129cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。