モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

レッスン 2/4 

この1週間,モーツァルト幻想曲ニ短調は,なんとか元通り弾けるようにはなった。しかし,ピアニストのCDを聴いてみると,前半の遅い速度の部分が,内容が濃くて,確かに,難しい曲だと,改めて思った。
ドビッシーは,アラベスク1番を練習した。15年以上前に,一応暗譜で仕上げたけれど,以前よりは,ドビッシーらしく聞こえるようになった気がする。
しかし,どちらもダメだったら,どうしよう。と不安な気持ちで,レッスンに臨んだ。

*テクニック
マルカートで,指を上げるタイミングが早すぎた。これは以前にも注意されたこと。弾く直前に,使う指に力を入れるだけで,それまでは,脱力する練習という説明を受けた。忘れないように!!
スケール,アルペジオのリズム変奏で,強い音が極端すぎる。そのため,無駄に力を入れているので,悪い癖がついて,害のある練習になってしまう。その結果,ソナタでも力んだ弾き方になってしまう。
ここにも,力みの原因があることがわかった。

*モーツァルト幻想曲ニ短調
思い入れが強すぎて(先生の言葉),自由に息を吐くことも出来ず,こちこちの演奏になってしまった。

*ドビッシー アラベスク1番
まだ,たどたどしいところはあったものの,モーツァルトよりはずっと良い。ということで,この曲に決定。
弾き方に成長が見られます。と言われ,今までやってきたことが,報われたような気がして,うれしかった。

*即興
6/8の曲の変奏は,6/8で,作ること。3拍子を4拍子にしたり,短調を長調にしたりするのは,もっと大きい曲の時で,今は,最初の拍子を変えないこと。

自由曲の3曲目が決まり,ホッとしました。次回に,先回の方が良かったですよ。と言われないように練習していきます。

2011/02/04 Fri. 20:45 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/460-a53b8bdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。