モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

左手練習の効果 

レッスンで注意された箇所を重点的に練習して、次のレッスンに臨んでいたけれど、私の場合、それだけでは不充分だったことが分かった。

ツェルニー30番の2番、前々回のレッスンで、右手がうまくいかなくて、ほとんど右手の練習ばかりしていた。左手は、通り一遍の練習しかしなかった。そのため、かなり脱力も出来て軽く弾けていたのに重く感じられるようになってしまった。

今日、左手の練習として、保持音+スタッカートに加えて、保持音+リズム変奏を2種類した後、合わせてみたら、安心して右手に意識を向けることが出来た。このように弾けたら、先週で上がっていただろうと思った。

不得意な方の左手は、念入りに練習をしなければいけないと、当たり前といえば当たり前のことに気が付いた。

他の曲(特にモーツァルトのソナタ、ショパンのノクターン)も、左手の変奏練習をしよう。

2011/08/08 Mon. 18:40 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/498-d761d3ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。