モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

レッスン 10/14 

*ツェルニー30番の3番
練習の成果が認められた。しかし、右手のブレスの箇所を書き込んでいただき、左手の和音スタッカートの修正があった。

*課題曲 コラール
大まかには良いのですが。。。から始まり、右手メロディーが聞こえてこない所など指摘された。そして、ここをこうして、あそこをこうしてと、気を付けながら弾いている感じが伝わってきて、聴いていて楽しめない。と言われた。
練習不足のためかと伺うも、そういう問題ではないとのこと。曲をこのように仕上げたいという強い思いを持ち、弾いている本人も、幸せを感じられるようにならないといけないとのこと。
練習法を伺うと、メロディーをバスと一緒に弾いて、という今までに何度も試みた方法。
楽譜を閉じるときに、ダメもとと思いながら、曲を変更しても良いか伺うと、試験だから、好きで弾きやすい曲の方が良いとのことで、ひとつ前の”早春”というニ短調の曲を見て来ることになった。

*モーツァルトソナタ12番 2楽章
これも、大まかには良かったが、気になるところは、スタッカートの手首の上げかた。また、トリルは全部、うまくいくように。

*ノクターン20番
出だしが遅すぎた。70~75の速度で。

帰宅後、”早秋”を早速、譜読みした。この曲は、5年前、課題曲を選ぶときに、ピピッときたけれど、途中の弾き難いところがネックで、先生に却下された曲。最終的にこの曲に決まるかどうか分からないけれど、練習のモチベーションは、こちらの方が圧倒的に高く保てるはず。
他の曲も、決めどこを絶対にはずさない。という気持ちで練習する必要がある。

2011/10/14 Fri. 18:37 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/515-f7fb69a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。