モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

のだめカンタービレ#10~#14 覚え書き 

のだめの漫画を読んでいて、参考になったこと。

#10 P116 ハイドン:交響曲にメヌエットを含む4つの楽章の形式を作り、ソナタ形式、弦楽四重奏のスタイルを整え、古典学派音楽の礎を築いた偉大なる作曲家
(ピアノだけでなく、音楽全般の広い知識を持ちたいと思う。)

#11 p172 初見の先生より:まず、当然だけれど,調性と拍子とテンポをチェックして、変化があるところや、難しいところは・・・
(新しい楽譜に向かうとき、気持ちがせいて、落ち着いて楽譜を見ることが、難しい。初見の試験の時の予見の時間が確か20秒なので、毎日の練習の時にタイマーを掛けてみた方が良いかもしれない。)

#12 p108 バッハ平均律クラヴィーア曲集:バッハは、この作品によって和声理論、厳密な対位法規則を適用し、平均律による鍵盤楽器の表現の可能性を追求した。
(バッハの平均律は弾いたことがない。これまで、対位法とかとくに意識せずに練習してきたため、”こどものバッハ””から、やり直した。そのなかで、色々なタイプの曲を弾いてみたけれど、受け身な所があってもうひとつ自分のものに、なっていないような気がする。試験を受けて、一区切りついたら、私の今の段階に相応しいバッハの曲を練習してみたいと思う。)

#13 p69 バッハの練習方法:すべての声部を歌えるようにすること。ソプラノを歌いながらアルト(テノール、バス)を弾く。アルトを歌いながらソプラノ(テノール、バス)を弾く。
(ピアノを弾く練習をしているときに、声を出すことは、意識しないと私の場合、出来ない。でも、自分の中に音楽を入れるのに、歌うことは、すごく効果があると思う。)

#14 p100 レッスンの中で、先生より:君は、よく跳んだりはねたりするけど、今のこの音はただ飛びだしちゃっただけだよね?の問に、ちょっと出ちゃっただけですから、と言うと、ちゃんと考えていないからだよ。と指摘される。
(聴いている人に、おやっと思わせるような、流れを遮断してしまう音は出さないように努力したい。)

#14 p178 のだめ平均律練習中:一声一声歌う。自分の立ち位置を変えて、人の声を聴く。というのは、室内楽と同じ。
(ピアノを弾くことは、オーケストラーをひとりで奏でているようなもの。立体的な演奏になるよう練習していくと、また楽しいかもしれない。)

2011/10/22 Sat. 09:58 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/517-8f0f5b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。