モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

レッスン 7/11 

・テクニックは、音楽的に弾けるようになってきて、大変よいです。といわれ、毎日の練習の成果があって嬉しかった。

・バッハメヌエットト長調は、最初に出てくる装飾音ミレミで、はじめの音にアクセントが付いていないのと、レの音が鳴っていない。なぜそのようになるかというと、1つ前のノン・レガートの音を弾いた後、指が脱力しきっているため。と言われ、ミスには、ちゃんと理由があるのだと納得。正しいリズムや音を正確に記憶し、そこからはずれたときには、なぜ?と自分で考えるような態度を養いたいと思った。
また、今日もクレッシェンドで体が前のめりになった。そのような弾き方もあるけれど、この場合は指の力だけで、音を大きくしていくこと。

・バッハメヌエットト短調(新しい曲)は、出だしがとてもきれいに弾けている。2カ所、右手に引きずられて、左手のノン・レガートが、できていないところがあった。

・”つばめ”は、左手の弾き方、手前にひっかくようにを、すっかり忘れ、手首が陥没しないようにという先回の間違を直すことに気をとられ、指をつく弾き方になってしまっていた。あと、跳躍は、右手すれすれにすればいいとのこと。
練習しても、自信がもてなかったが、良くない弾き方をしていたのだから、当たり前といえば当たり前。
どういう音を出したらよいか、しっかり理解して、どうしたら実現できるか。常に考える必要があるのだろう。




2008/07/11 Fri. 18:27 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/52-10b0296d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。