モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

不得手な箇所の発見 

インベンション2番はブゾーニの楽譜で練習することになった。春秋社版の書き込みのない楽譜の方が、気持ちを新たにして練習できるような気がしたけれど、先生は強くブゾーニ版を勧められた。

この曲、過去4回、練習しているので、ほぼ初見で弾けたけれど、成分ごと分けて練習することと、苦手な箇所、弾いていてしっくり来ないところを発見して、そこを練習することが大切なんだと。自分に言い聞かせた。

子供のころから、部分練習、部分練習・・・と、何度も言われてきたのに、なぜ、それが必要なのかあまり深く考えなかった。
しかし、最近になって、楽曲を隅々まで、同じレベルに仕上げるためには、不得手な所を取り出して練習しなければ、何時間あっても足りないということが、分かった。我ながら、おそい気付きだと思う。

今日が、人生で一番若い日!!と思えば、今からでも遅くない。
あとは、実践あるのみ。

2011/11/19 Sat. 22:56 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/529-957e022a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。