モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

箱根日和 

季節はずれの暖かさに恵まれ、実家の母、弟との箱根は、穏やかな観光になりました。(母には、少しハードだったかもと反省しています。)

*箱根湿性花園
受付の人に、”お花は咲いていませんが、それでも良いですか?”と、念を押されました。11/30閉園なので、さもありなん、というところ。
母達は、箱根に来ると必ず寄るところで、その時々の庭が見られればよいというので、入園しました。
冬の庭は、花いっぱいの季節には、どのような景色になるのか想像する楽しみはありますが、やはり、淋しい感じはします。
箱根1 箱根2 箱根3 箱根4 箱根5


*箱根ラリック美術館
ガラスの宝飾品、花瓶、ランプなど、柔らかい光を放つオブジェに目を奪われました。ここは、撮影禁止なので、デジカメも携帯もしまって見学したので、写真はなし。

*箱根ガラスの森
昼間でもきらきら光るクリスマスツリーや、ヴェネチアをイメージした水路があったり、異文化に迷い込んだ感じ。とても人が多く、混雑していました。ガラスの作品の展示や、各種小間物の販売があり、何かひとつ記念に買おうかと思っても、目移りして、結局、買えませんでした。
素敵なシャンデリアがぶるさがる回廊では、ヴァイオリンとアコーディオンのライブもあり、リベルタンゴ、ハンガリアンラプソディーなど聴け、またカフェレストランでお茶をするとき、ちょうどカンツォーネのライブが始まり、サンタルチア、アルベデルティローマなど30分聴けました。
あちこちで音楽を聴いて、気分も盛り上がったところで、ここもさよならしました。
ガラスの森1 箱根10 箱根8 箱根6 箱根7 箱根9


*ポーラ美術館
藤田嗣治の展覧会が開催中。新しく収蔵した作品もありました。藤田の子供の絵は、独特のひねりがあると思いますが、色々な職業に携わっている子供の絵は、”13歳からのハローワーク”のような本の挿絵にしたら、面白いだろうなあと個人的には思います。日本でもフランスでもはっきりした居場所が感じられなかった藤田の寂しさが、子供に投影されてるいるように感じられます。
常設展の中で、化粧品会社らしく、古今東西の化粧道具の展示があり、これも面白かったです。
箱根11 箱根12 箱根13

*成川美術館
平山郁夫と東京芸大の系列の画家の展示があり、正当派の日本画を堪能できました。
また、成川美術館で個展デビューしたという齋正機という画家の童画風の作品の展示を見た後、心に温かい余韻が残りました。月替わりで楽しめる12枚ひと組の絵はがきを買い求めました。
芦ノ湖を一望出来るカフェテラスがあり、曇っていましたが富士山を見ることが出来、うれしかったです。

箱根14 成川1

以前訪ねたときに比べ、どこも混雑していて、びっくりしました。
箱根湯本から元箱根方面への旧道を走るバスも、満席でした。この路線にある興味のあるバス停で、降りたり乗ったりしたいという母の願いは、この混雑のため断念しました。
またの機会に、行けたらと思います。

2011/11/29 Tue. 09:08 [edit]

category: 撮る

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/531-bb577d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。