モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

レッスン 2/24 

ペダルが、ちゃんと踏めるか、大きい音量の時、硬い音にならないか気になり、レッスン前に30分レンタルした。
発表会以来2年間はいていた靴を、新しい靴に変えたけれど、靴底が硬くて、ペダルを踏みにくいので、またぞろ古い靴を履くことにした。ネットで調べると、ダンスの靴やバレーの靴を使う人もいるようだけれど、今回は、試験なので、とりあえず、古くても履き慣れた靴にすることにした。


テクニックとツェルニーは、問題なかった。
その後、初見、即興を模擬試験のように、過去問から問題を先生が出して下さって、弾いてみた。
初見は、20秒の予見の間に、速度記号、調号を見て、難しそうなところは、譜を読むのではなくて、カメラでパチリと撮るように、頭に入れる。弾き始めたら、常に一つ先を見ながら弾くこと。
変奏は、5分の予見で、伴奏づけ、第一変奏、第二変奏を、頭の中で、作る。モチーフ変奏は、3題のうちから、1題選んで、それを発展させる。これも5分で、考える。
家で、練習するときも、5分づつ、時間を分けた方が良いかもしれないと思った。
私は、せっかちなので、見切り発車してしまいがち。時間がある限り、しっかり見直す習慣を付けたい。

課題曲は、1回目に弾いたとき、先回の注意で、フォルテが強すぎて、メゾ・フォルテくらいの気持ちで、と言われたので、注意して弾いたら、曲の盛り上がりに欠ける。と言われた。2回目は、盛り上がる音量で弾いたら、ペダルを踏み込みすぎて、音が濁った。
手と足の連携がうまくいかない。それと、濁ってもすぐに気が付いて、直せるようになりたい。

今日は、他の曲は見て頂けなかったけれど、ただ正しく弾けるだけでなく(正しく弾くことも難しいけれど。。。)、音楽的であることも要求されるようなので、そのことも十分、注意しながら練習しようと思う。

2012/02/24 Fri. 17:51 [edit]

category: レッスンの記録

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/559-4e7cb54f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。