モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

懸案の曲の練習 

”つばめ”
メトロノームで速度の設定を四分音符=80,90,100,110,120,130と段々にあげていく。
それぞれ3回ずつ弾く。指定速度は138になっているけれど、130でもちょっと不安定になるので、120で弾くつもり。
その後、速い速度、遅い速度を交互に繰り返して弾いてみる。遅い速度では、フォームの確認、音の確認がしっかりできる。
何回も弾いていると、ランナーズ・ハイのようになり、弾くのがとても楽になってくる。ただ、弾いているうちに頭が垂れてくるので気を付けて直すようにした。私は体の軸ごと前傾するのでないので、横の姿見で見るととっても格好の悪い形になる。猫背は禁物。

”メヌエットト長調”
クラビノーバーは、左右別々の音色を設定できる。試しに右をヴァイオリン、左をチェロにして弾いてみた。両手グランドピアノにするより、それらしく聞こえる。弦楽器特有の音色もこの曲を引き立てる。とはいえ、今はピアノの音色で弾かねばならない。両手ピアノで弾いて何が足りないかと言えば、左手の歌い方がいまひとつ。それを修正して弾いてみると、ちょっとは2声のかけあいの感じが出てきたように思う。

2008/07/21 Mon. 14:56 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/56-fdee6636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。