モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

やはり不合格 

グレード試験の結果が返ってきた。

今回は、楽譜を見るときに、気持ちが宙に浮いて、あっという間に時間が過ぎてしまい、弾くときもフワフワした気持ちで弾き、とても不本意な試験の受け方をしてしまった。

手元にある楽譜で、5級レベルの初見に適したものが、思い当たらないので、ネットで調べてみると・・・

ツェルニーなら8小節のものとか、歌謡曲の楽譜とか、レパートリーを広げるつもりで、弾いていくうちに初見力はついてくるという意見があった。

初見 初見 初見と思い詰めると、にっちもさっちもいかなくなるような気もする。

一度肩の力を抜いて,再び練習に取り組もうと思う。

2012/07/19 Thu. 18:34 [edit]

category: ピアノ

cm 2  tb 0 

コメント

残念でしたね。
きっと合格している・・!と思っていました。

でも、色々といって頂けていたとのことですので、
もう一息!なのだと思います(*^^*)♪

私も初見は苦手ですので、いろんな本を読んだり、
先生からアドバイスを頂いたりしていたのですが、

やはり、色んなジャンルの色んな曲を、
数多く経験することが一番だと言われました。

私が子供の頃は、バイエル、ツェルニー、ソナチネ・・・と、
古典期のものばかりに重点を置いたテキストしかさせてもらわなかったので、

古典期の楽曲は初見も利き、譜読みも割と早く出来ますが、
フーガだったり、近現代の複雑な和音がたくさんある楽曲などは、
いきなりで曲想を掴むのが難しいです(><)。

私も場合、生徒さんの弾く楽曲で、
知らないもの、自分がやってないものをたくさん弾くうちに、
いろんな形の楽曲に慣れた・・というところがありますので、

モモさんが書いていらっしゃるように「初見」の勉強というよりは、
レパートリーを楽しく弾く!というつもりでいろいろ弾かれた方が、
無理なく力も付くのでは~♪と思います(*^^*)♪

ほごち #- | URL
2012/07/21 00:07 | edit

ほごちさん 良い報告が出来なくて、残念です。

子供のころは、初見は、得意な方だったと思います。でも、譜読みがおおざっぱで、一度ついってしまった癖がなかなかとれないため、母から、あまりしっかり譜読みをしていかないように、なんて言われた覚えがあります。
大人になってからも、あまり苦には、感じなかったのですが、
この5年ほどじっくり譜面を読む練習に時間を使ったので、さっとつかむ感覚が鈍くなっているのかもしれません。(年取ってきて、反射神経も鈍くなっています。)

ほごちさんは、ご自分で弾かれる曲以外にも、生徒さんの曲とか、沢山弾かれているのでしょう。
私も、今は、”習うより慣れろ”なのかと思います。
次回のレッスンで、先生にアドヴァイスをいただくつもりです。

モモ #G9Eg9.XA | URL
2012/07/21 20:31 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/604-9c223254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。