モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

頭の中を整理 

インベンション5番は、対旋律が、主題の中に含まれる音の組合せでできている。
主題の音を水平に転回したり(旋律の終わりから音をとって並べる。)、垂直に転回したり(音の高さで並べる。)して、音列を作っている。(市田先生の本には、もっと細かく書かれているけれど、大まかには、このようなことだと理解した)
転調も頻繁に行われる。

第1展開部
1:変ホ長調
2:変ロ長調
3:間奏1(変ホ長調)

第2展開部
4:ハ短調
5:ヘ短調
6:間奏2(変ロ短調→ヘ短調)
7:間奏3(変イ長調)
8:変ホ長調

以上の流れを頭の中に入れて弾くと、色とりどりのモザイクを、手作業で貼りあわせて、一枚の絵を作るような感覚になる。
バッハは、面倒なことを省かないで、自分なりに分析してみると、結構面白い。

2012/08/20 Mon. 18:57 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/614-5bbff563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。