モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

空気をはらむように 

”つばめ”は、肩もあがらず、腕も楽に動くようになってきた。しかし、クレシェンドで音を大きくしていくと、音が堅くなるような気がする。また、脱力と瞬発力の瞬時の切り替えがうまくいかないときがある。少し、この曲に対するテンションも下がってきている。

そんなこのごろ、今日見たスーパーピアノレッスンは、刺激になった。11歳の男の子の弾くシューマンのアラベスクは、とてもすばらしく聞こえた。この演奏に、どのようなレッスンをしていくんだろうと、興味津々。レベルは違っても、参考になることはたくさんあった。まず、自分の癖を直すのに、頭で考えないで、体で考えなさい。ということ。
もうひとつ、脇を締めないで、肩胛骨をぐるっと回すような感じで、腕全体を柔らかく使うことも言われていた。

番組が終わったあと、”つばめ”を練習をしてみた。確かに、脇を開けると、ふわっと腕や肩の力が抜ける。空気を体の前面にかかえ、肩や腕のコントロールで、空間に送り出すような感じで弾くと、弾くときの気持ちが楽になる。

弾き方のこつをひとつ教わったような気がする。あとは、弾いては音を聴き、まずいところを修正し、また弾き直すということを納得がいくまで繰り返せばよいのだろう。

2008/08/23 Sat. 17:52 [edit]

category: ピアノ

cm 2  tb 0 

コメント

こんばんは。
私も昨日のレッスンの様子、家事をしながら見ていました。きれいな「アラベスク」を弾いたのは、11歳の男の子でしたか。私は、かわいいお嬢さんだと思っていました。姿勢について、大人になってからでは、矯正が難しいとノ話、とても実感しています。

子供でも、いろいろ癖はあるのですね。姿勢の矯正は、昨日のレッスンのように、先生に体を押さえてもらって、どこが直すところなのか、実際に教わるとわかりやすいですね。

orange #udg4x/Zk | URL
2008/08/24 18:10 | edit

orangeさん コメントありがとうございます。

本当に、子供の演奏とは思えないうまさでしたね。

私も、数十年の間についた癖を矯正中で、先生が気を長く持っていて下さるので、何とか続いていますが、子供の頃に戻って、やり直したい感じです。
レッスンの中で、ピレッシュ先生が言われた、体で考えるということが、難しいなあと思いました。

モモ #G9Eg9.XA | URL
2008/08/24 19:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/72-e1ecea8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。