モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

トリルのこと 

バッハのメヌエットのトリル、お手本と比べてみて、どうしてもあか抜けない。これでは、またやり直しかもしれない。困ったなあ。なんとかしたい。と悩んでいた。

16分音符2コ+8分音符1コの組み合わせで、最初の16分音符にアクセント記号(>)がついている。CDを良く聞いてみると、アクセントのついている音は、印象は強いけれど、特に音が大きいわけでもないことに気づいた。

ためしに、1音目を強くという意識をなくして、目立たせるという気持ちで、鍵盤から少し離れたところから、指先を緊張させて打鍵し、2音目をできるだけ素早くまわすようにすると、かなり良くなった。音を強くと思うと、余計な力が入って、音が重たくなるようだ。

アクセントの意味を、音楽辞典で調べてみると、”ある音に、前後の他の音より強勢がおかれること、またその強勢部。・・・”(一部引用しました。)とあり、結果として、音が強くなることはあっても、音を強くという意味ではないことがわかった。

いくら練習しても、思うように弾けないところは、いろいろな観点から検討してみる必要があると思った。

2008/09/16 Tue. 19:25 [edit]

category: ピアノ

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/86-c82830dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。