モモの箱庭

見たこと*聴いたこと*伝えたいことの覚え書き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

きちんとしたものを創るために 

この間のレッスンで、やりなおしのメヌエット。
1の指で始まる装飾音が、一番問題だ。
親指は、力がある指のようでも、鍵盤に当てる方向や弾くタイミングを間違えると、情けない音しか出ない。また、指の力だけでなく、腕の力を使って弾こうとしているところがあり、これは是非直すように言われた。

先日、あるテレビ番組で、”都市型オーベルジュ(おいしい料理を堪能できる宿泊型レストラン)”のシェフである代表者が、コックの修行時代に、5年間キャベツを刻む仕事だけを任されていた。という話があった。そのときの正確にキャベツを刻むことから得られた体験が、のちの仕事の基礎になっている。という話を聞いて、なるほどと思った。

きちんとしたものを創るには、正確さが欠かせない。ピアノに関しても同じだろう。
だいたいこれくらいでいいだろう。ではだめで、この装飾音に関しては、何回弾いても正確に弾けるように、ゆっくり練習すること、普通の速度で何回も練習することなど、もっと真剣に練習する必要がある。

2008/09/22 Mon. 14:21 [edit]

category: ピアノ

cm 2  tb 0 

コメント

こんにちは。
親指から始まるトリルや装飾音、とても弾きにくいですね。1の指は、他の指と構造も違い、また、力も出るので、他の音とのバランスも難しいです。

ピアノの本当に上手な人は、難しいパッセージなど、かっこよく弾くより、何気ない装飾音をきれいに弾く人だと、あるブログで読みました。装飾音1つで、その人が、どれくらいピアノを真剣に学んでいるかわかるらしいです。

装飾音、きれいに弾けるまでは、私にとっても長い道のりがあります。

orange #udg4x/Zk | URL
2008/09/22 16:29 | edit

こんばんは。
いつまでたっても、うまく弾けるようにならないので、情けなく思っていました。

でも、orangeさんのコメントで、救われました。難しいことなのですね。

がんばって練習する、勇気がわいてきました。
ありがとうございます。

モモ #G9Eg9.XA | URL
2008/09/22 19:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cat0302.blog61.fc2.com/tb.php/88-bda0ce58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。